« J1リーグ第30節名古屋対磐田 | トップページ | 感想「エドガー賞全集(1990〜2007)」 »

J1リーグ第30節大宮対千葉

2008.10.26(日) 16時 NACK5スタジアム大宮

チケットの売行き情報では、ビジター側が早々に完売したみたいだったんで、ジェフサポに占拠された状態かと思ってたが、サイドスタンドのビジターエリアを狭めていたみたいだ。えぐい商売のやり方を覚えてきた感じ>今年の大宮(^^; なので、結構オレンジが支配的なスタンドだった。

試合は、前節を考えると思いがけないくらい、大宮がリスクを冒したアグレッシブな攻撃を見せ、立上がりから優勢に運んだ。佐伯の出場停止の兼合いで、前節とボランチ2人がとっかえになって、片岡と大悟になったんだが、これが結果的に吉と出た気がする。大悟は自分が仕掛ける立場になると、どうも煮え切らないし気も効かないけど、攻撃的な選手なのは確かだから、彼がボランチに居ることで、チーム全体が前掛りになっていたように思える。まあ、ジェフが、あんまりがつがつ来なかったこともあるんだろうけど。一旦、降格圏を脱してしまって、少し気が抜けたというか、フクアリで名古屋を倒した時のような気迫が、今日は感じられなかった。まあ、ミシェウがベンチで、試合を的確に組立てる人材が居なかったことも原因かも知れない。
それでも、大宮の攻勢の間隙を突いて、19分にジェフが先制。左サイドで波戸がポカで深井に競り負けて、中へ折り返してきた所に谷澤に詰められた。名古屋戦でもそうだったが、谷澤って、ああいうところにほんとによく湧いて来るよな。
なんだ、結局、また負けか、と思いかけたんだけど、大宮の攻勢は緩まなかった。30分過ぎには立続けにCKを奪い、押し込む中で、ついに大悟のゴールで追い付く。6試合ぶりの得点(^^;。
後半立上がりには、右サイドから金澤(?)が仕掛けて、クロスが逆サイドへ抜けた所を、波戸が追い掛けてライン際で追い付き、中へ入れて行く。ラフリッチが合わせに行って、ジェフのDFに倒されPK(ただし、後で横からの映像を見ると、ラフリッチはDFと関係なく勝手に倒れてるように見え…。疑惑のPKだった(^^;)。主税が蹴って、一旦決めるが蹴る前にエリア内に大宮の選手が入っていて取り消し。しかし、蹴り直しも決めて逆転。1試合2点は8月以来かな(^^;。
その後も、大宮が押した展開で進んだが、88分に千葉の選手にゴール前へ抜け出されかかって、波戸が後ろから押し倒して退場になる。さいわいペナルティぎりぎりで、PKにはならずFK。しかも、近過ぎて入んない位置。ここは凌ぎ、長いロスタイムも守り切って、8月のマリノス戦以来の勝利。降格圏も脱出。

前節のヒドイ試合を見た後で、大宮がこうなるとは思いもしなかった。ようやく尻に火が点いたのかな(^^;。あのアグレッシブさは、多分に気持ちの問題があると思う。まあ、ジェフの寄せが緩かったのも確か。セカンドを拾いまくりだった。ヴェルディ戦は、そうはいかなかった。そういう意味では、名古屋戦の印象も含め、ヴェルディが結構したたかなのかも知れない。ジェフは、ちょっとやり直しだろうな。
まあ、大宮も、このまますんなり行くほど、簡単ではないと思うけど。ただ、天皇杯で一週間開くと、故障中のデニスマルケスも戻って来るんじゃないかしらん。これが最悪の時期を脱するきっかけの、重要な勝利になる可能性はある。

それにしても、波戸のワンマンショーだったな(^^;。

  20081026board
  20081026fukei
  20081026end

|

« J1リーグ第30節名古屋対磐田 | トップページ | 感想「エドガー賞全集(1990〜2007)」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43050995

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節大宮対千葉:

« J1リーグ第30節名古屋対磐田 | トップページ | 感想「エドガー賞全集(1990〜2007)」 »