« 感想「タナーと謎のナチ老人」 | トップページ | 全日本ユース(U-18)準決勝 名古屋U18対FC東京U18 »

感想「ブランディングズ城の夏の稲妻」

「ブランディングズ城の夏の稲妻」 P・G・ウッドハウス 国書刊行会

ジーヴスものではないウッドハウス。
そうは言っても中身は似たようなもんだが、最後はスーパー執事ジーブスが全てを解決、というパターンから外れているだけで、結構新鮮な感じはする。結末の予測はつくけれど、どういう形でそうなるかまでは見えないからね。
要はイギリスの有閑階級を舞台にしたドタバタだが、ロマンティックコメディの要素が強い。ジーブスものも実際は結構そうだけど、主人公のバーティ自身はあんまりロマンティックな気分にならなくて、他の人物のロマンスの手助けをする形が多いから、少しひねりが入っている。これはそういう保留がない分、ストレートなロマンティック・コメディという印象。その分、素直に受け止められた気がする。
ゆったりとした雰囲気の中で、のんびりした人たち(豚もいる)が、まったりと右往左往してるのを読んでいると、何気に気分がやすらいできて、読んでいて楽しかった。
訳はやっぱり少し粗い印象。オーバーペースなんじゃないのかなあ。

|

« 感想「タナーと謎のナチ老人」 | トップページ | 全日本ユース(U-18)準決勝 名古屋U18対FC東京U18 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43052817

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ブランディングズ城の夏の稲妻」:

« 感想「タナーと謎のナチ老人」 | トップページ | 全日本ユース(U-18)準決勝 名古屋U18対FC東京U18 »