« 感想「危険なささやき」 | トップページ | J1リーグ第31節大宮対川崎 »

J1リーグ第31節柏対名古屋

2008.11.8(土) 14時 日立柏サッカー場

立上がりから双方激しく攻め合って、緊迫感のある試合だったと思う。柏のスタイルがハマったのか、名古屋は近頃見た試合の中では一番いい出来に見えた。まあ、直志・マギヌン復帰という好材料もあったし(もっとも直志は先週の天皇杯で復帰済み。出来は悪かったらしいが(^_^;)。今日もかなりイマイチだったな…)。
双方決定的な場面を際どく凌ぎ合ったけど、段々名古屋が主導権を握ったみたいだった。15分頃、相手のクリアミスをきっかけに(マギヌンがよく詰めた)、ヨンセンのゴールがあったが、オフサイド判定で幻。見ていた場所では細かい所は分からず、単純に、糠喜びかよと思ってたが、帰宅して映像を見るとミスジャッジくさい。ちぇっ。もっとも30分過ぎに、またマギヌン起点から、今度は小川がきっちり決めて先制。その後も名古屋がいい形を作り続けた。
柏は後半はフランサを下げて(痛んだという話も?)、ポポのスピードに託す形に切り換えてきたけど、それにもそれなりに対処は出来てたと思う。その後も柏はフレッシュな選手をがんがん投入してきて、後半は落ちるんじゃないかと思ってたペースが案外落ちなかったけど、大きな間違いをしなきゃ逃げ切れそうだなと思ってた。しかし、後半35分にCKから菅沼に押し込まれる。直前にマギヌン(素晴らしい出来だったと思う)を米山に代えて守備固めに入っていたし、その前には玉田を杉本に代えていたから、こうなると再び点を取りに行こうにも攻め手が…。そもそも、少し前にあわやな場面もあったし、守備固めに入っててもおかしくないタイミングではあったけど、これからCKという場面で守備側が選手交代するのはリスク大というのが定石のはずで、あそこでなんで交代させたかな。交代がなくても、同じ結果だった可能性は高いとはいえ、嫌な後味。それを引きずったのか、すぐ後に大谷のスルーパスからポポのゴールで逆転される。フクアリの千葉戦を思わせる展開。以降は有効な攻め手を見出だせないまま敗戦。
柏はポポの投入と、後半途中に藏川を入れて、大谷をボランチに動かしたことが結果に繋がったわけだから、采配的中ってとこだろう。うちが采配ミスっぽい負け方になってしまったのに対して…。

今度こそ、さすがに終わったかなあ…。まあ、明日の鹿島次第ではまだあるかもしれないけどねえ。

  20081108board
  20081108fukei
  20081108bow

|

« 感想「危険なささやき」 | トップページ | J1リーグ第31節大宮対川崎 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43054820

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第31節柏対名古屋:

« 感想「危険なささやき」 | トップページ | J1リーグ第31節大宮対川崎 »