« J1リーグ第32節京都対名古屋 | トップページ | トップイースト11 三菱相模原対セコム »

J1リーグ第32節新潟対大宮

2008.11.23(日) 16時 東北電力

当日の夜のJSPORTSの録画放送を、結果を知らないまま、飛び飛びに見てはいたんで、おおまかな流れは把握してたが、それを録画していたのをちゃんと見直した。

大宮が、ここんとこのいい流れを持続していて、出足が速くてパスが廻るサッカーが出来てた。ラフリッチを前に置いて、その廻りで主税・内田・慎に、この日はボランチに入った大悟も絡んで、いい感じ。それに影が差したのは、20分の主税の負傷交代。慶行が代りに入り、主税の位置に大悟が繰り上がったが、前線でのボールの廻りが悪くなって、新潟が押し始めた。でも、新潟はミスが多くて流れが掴めず、まあ、五分くらいの展開には留めることが出来ていたけど。
新潟に、決定機はほとんどなかったんだけど、35分に左からマルシオ・リシャルデスが入れて来たクロスに矢野が行こうとした所を、レアンドロが倒してPK。そこまで決定的な場面ではなかったと思うんで、少しもったいなかった。アレッサンドロが決めて0-1。前半はそのまま終る。ただ、最後の方でアレッサンドロがレアンドロとの競り合いをファールに取って貰えず、暴言で警告を受けていて、これが後半の伏線になった。
後半はまた頭から大宮が優勢。ゲームメイクがボランチの慶行になったから、どうしてもロングパス主体になってはいたが、セカンドボールもよく拾えていて、かなりいい試合運びが出来てたと思う。で、50分過ぎ、慶行のゴール前へのロングボールに大悟が反応。受けて、ペナルティに入った所で、新潟 GK北野に倒され、今度は大宮がPK。慶行が浮き球で冷静に決めて同点。
しかし3分後、左からの長いFKにゴール前でアレッサンドロにあっさり合わされ、また先行されちまう。でもこのゴールで喜んだアレッサンドロが、シャツを脱いで2回目の警告で退場。バカ過ぎる(^^;。
これで数的優位に立った大宮は、以降、ほぼ一方的に攻める。まあ、新潟はベタ下がりだから、攻めても攻めてもという感じではあったが、88分に波戸が左サイドでボールを受けて、中へ切れ込みながらゴール前へクロス。パワープレーでゴール前に上がっていたレアンドロが、合わせてゴールへ叩き込み、ついに同点。その後も好機はあったが、攻め切れず、同点で引分けた。

全体的には、新潟がアレッサンドロの退場で勝ち点2を落とした試合、という印象だが、内容は大宮がかなり勝ってたわけだから、それをよくよく考えると、大宮的にもかなりもったいない試合。失点は、つまらないPKとFKに対する守備の拙さからで、今年、ずっと付きまとっている守備の不安定さが出た形だよな。攻撃を強化した代償の守備の脆さだと思うけど、見合うほど攻撃が強化されたようには思えないし、その結果が、最終節まで1部残留が決まらないという成績なんだろう。
(2008.12.3)

|

« J1リーグ第32節京都対名古屋 | トップページ | トップイースト11 三菱相模原対セコム »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43267759

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第32節新潟対大宮:

« J1リーグ第32節京都対名古屋 | トップページ | トップイースト11 三菱相模原対セコム »