« 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 埼玉栄対市立浦和 | トップページ | J1リーグ第32節新潟対大宮 »

J1リーグ第32節京都対名古屋

2008.11.23(日) 13時 西京極

開始早々、いきなりヨンセンの決定機。相手GKに弾かれCKになるも、そのCKからあっさり先制。さらに攻め立て、20分くらいには左サイドからのパスにマギヌンが走り込んで決めて、早々に2対0。京都の中盤がグズグズで、これは貰ったな感が漂い始めた。ただ、いい形にはなりかけるものの、詰めが甘い場面が頻出。
一方、気合が入り過ぎているのか、GKの西村が異常にあぶなっかしい。DFのクリアが京都へのナイスパスになる場面が多々。柳沢と林の2 トップが、効果的にチェックに来てたというのはあるにしても、かなりヒドい。それでも多分に京都の決定力不足に救われる形で2点リードのまま前半終了。
後半、前半の流れを引き継ぐ感じで、京都に勢い。10分過ぎ、ちょっと微妙には見えたがペナルティの右外あたりで京都に FKを与え、そこからの混戦を柳沢に押し込まれた。そろそろやられそうだな、という気配が漂いまくってる中での失点で、やっぱり…。それでも直後の立て続けの失点は今日は食い止めたが、20分過ぎ、京都のカウンターを止めようとして竹内がペナルティ内で倒してPK。柳沢のPKを西村は弾いたが、こぼれを押し込まれて同点…。
その後の名古屋はCKを連ねてゴールに迫る場面も作ったが、押し込み切れず、同点のままロスタイム突入。終盤に、京都GKの水谷が痛んだりしたもんで、ロスタイムは7分もあったが、攻め切れないまま、残り2分くらい(ロスタイムに入ってからも試合が止まりまくりで、最終的に何分になったのか、まるで分らなかった(^.^;))になったところで、ゴール前へのクロスにヨンセンが京都のDFと競ったが、競り負けて倒れ、クリアされた。…と思ったら主審の笛、PK。正直、バックスタンドで見てた位置からは、とてもPKには見えなかったが、逆アングルからの映像を見ると、まあ、取って貰ってもいいか、くらいには見えた(^.^;)。んで、それをヨンセンが決めて、ほんとにギリギリでの勝越し。7試合ぶりのリーグ戦勝利で優勝争いに踏みとどまった、と。

踏みとどまったとはいえ、よく勝てたよな。こんなんじゃ、成行き次第では、充分、札幌にも負け兼ねない、とは思うんだが、まあ、今日のところはいいや(^.^;)。優勝は他力だから、それはまあともかく、あとふたつをきっちり勝って、自分たちから終戦させることはないようにして欲しいな。

  20081123board
  20081123fukei
  20081123jonsen


しかし、ヨンセンを出しちまって、来年、本当に大丈夫なのか?

|

« 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 埼玉栄対市立浦和 | トップページ | J1リーグ第32節新潟対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43208782

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第32節京都対名古屋:

« 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 埼玉栄対市立浦和 | トップページ | J1リーグ第32節新潟対大宮 »