« 天皇杯4回戦名古屋対岐阜 | トップページ | 感想「危険なささやき」 »

天皇杯4回戦浦和対愛媛

2008.11.3(月) 13時 駒場スタジアム

駒場の出島に入ったのは、年単位でかなり久しぶり。

浦和のゴール裏はかなり険悪なムード。妙な横断幕は出てるし、選手・監督紹介で、エンゲルスに大ブーイングかますし。ホーム側のゴール裏は、応援拒否してたみたい。
試合は立上がりから愛媛が快調に飛ばす。よく走り、両サイドを使って展開する、小気味良いパスサッカーで、試合の半ばまでは、試合運びでは浦和を圧倒してたと思う。ただ、フィニッシュが。去年の天皇杯で浦和を倒した時に2ゴール決めた田中も、大宮から移籍してそこそこ試合には出てたみたいな若林も、ベンチにも入ってなかった。チーム事情が分からないから、なんとも言えないけど、試合を見ている限り、フィニッシュ出来る人材が居なかったという感じ。もっとも、元々、引いた浦和をこじ開けて点を取るのは、そう簡単なことじゃないが。
愛媛は、時間が経つにつれて疲れでミスが増え始め、浦和に攻め込まれる時間が長くなり、このままやられちゃいそうだな、という気配になってきたけど、決定機になりかけた場面も、素早いカバーリングでよく凌ぎ続けた。後半40分過ぎ、浦和ゴール前での速いパス廻しからの赤井のシュートが決まっていれば。多分、あれが最大の決定機だった。強いシュートは打てたけど、GK正面。
浦和は内容的にはヒドいもんで、走らないし、連携もバラバラ。それでも愛媛のミスをとっかかりに何度も好機は作るし、好機の回数自体は上だったと思う。しかしこちらはフィニッシュに精度を欠いてズルズル。
で、結局、延長。
延長前半5分、浦和が右CKからトゥーリオがペナルティ内でボールを持って突破しようとした所を、愛媛DFと交錯して倒れてPK。まあ、かなり貰いに行った PKぽかったけど、しょうがないだろうな。ポンテがこれを確実に決めて来て、浦和が先行。これで決まりぽかったが、それでも延長後半10分過ぎ、愛媛の右 CKを宮原がミスキック?(^^;。こぼれたボールを横谷?がシュートしたボールがバー直撃。惜しかった。

結局1-0で浦和の勝ちだったが、浦和のホーム側ゴール裏からは大ブーイング。応援拒否は最後まで続いた。まあ、勝った以外、何もない試合だったものな。トーナメントは勝つことが大事とはよく言うけど、いくらなんでもヒド過ぎた。エンゲルスも前日のピクシーを見習って(^^;、勝って申し訳ない、くらいのことを言わないといかんような試合だったね。
ただまあ、愛媛も地力の差は如何ともし難かったかなと。番狂わせを起こすには、ちょっと足りなかった。でも、去年、埼スタで見た川崎戦より、さらにいい試合をしてたと思うよ。

  20081103mae
  20081103hime
  20081103end

|

« 天皇杯4回戦名古屋対岐阜 | トップページ | 感想「危険なささやき」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43051194

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯4回戦浦和対愛媛:

« 天皇杯4回戦名古屋対岐阜 | トップページ | 感想「危険なささやき」 »