« 感想「深海のYrr」 | トップページ | 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 埼玉栄対市立浦和 »

天皇杯5回戦名古屋対大宮

2008.11.15(土) 13時 NACK5スタジアム大宮

見に行っていた。
名古屋は玉田が代表で抜けた代りに藤田が入っていたのにちょっとびっくり。GKが故障中の楢崎に代わって西村なのは柏戦と同じで、あとはベストメンバー。大宮もほぼベストメンバーだったが、左CBが冨田じゃなくて片岡。冨田はベンチにも居なかったし、故障か? 片岡のCBって、あんまりうまく行った試しがないから、バックラインがやばいんじゃないかなと思ってはいた。

立上がりいきなり、小川の右からのクロスに江角が飛出して(というか、CBとの連携ミスかな)触れない失態。ゴール前のヨンセンは流し込むのみで、あっさり名古屋が先制。やっぱり。そのまま一気に名古屋が圧倒するかと思ったんだけど、あまりにも早い時間だったせいか、大宮はあっさり立直り、名古屋は余裕ぶっこいて?雑になり、次第に大宮優勢な試合展開になって行った。特にこのところ好調な内田が、ドリブルもパスもキレキレで、これはかなりヤバい、と思ってたら、25分にゴール正面ミドルレンジから、シュートコースがパカッと開いた所を、見事に決められた。同点。
その後もラフリッチをトップに置きつつ、内田と主税が2列目から仕掛ける攻撃はかなり脅威的。まずいなと思ってたが、35分頃、マギヌンが左サイドを抜けて中へ折り返すと、ヨンセンがノーマークで(^_^;)待っていた。きっちり押し込んで、勝越して前半終了。ここも大宮のバックラインの難が出たな。
後半、いきなり主税のクロスからラフリッチが枠に飛ぶシュートを放ち、西村がセーブ。その後も大宮が激しく攻め込み、名古屋が適当に(というか、どうにか、というか)受け流す展開が続いた。後半は名古屋の決定機は、最後の方で大宮がパワープレーに来た時間帯に、裏を取った場面以外、ほとんどなかったんでは。大宮は決定機の回数では上回ったが、西村がゴールを死守したのと、内田・主税の運動量の衰えとともに減速。名古屋がなんとか逃げ切った。

内容的には、直近の試合での好調ぶりを反映して、大宮が上回った感じだったけど、決め手を欠いたね。というか、最初の江角のポカが最後まで尾を引いたな。あとはバックライン。そういえば、去年もDF不足に悩まされていた覚えがある。今年、補強してないんだから、当り前か。
名古屋も、この内容では先々ちょっと…、という気はするけど、久々のJ1チーム相手の勝利だったのは確かなんで、これで気分が変わっていくらかでも立ち直ってくれれば。

  20081115board
  20081115fukei
  20081115bow

|

« 感想「深海のYrr」 | トップページ | 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 埼玉栄対市立浦和 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43129460

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯5回戦名古屋対大宮:

« 感想「深海のYrr」 | トップページ | 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 埼玉栄対市立浦和 »