« 天皇杯4回戦大宮対C大阪 | トップページ | 天皇杯4回戦浦和対愛媛 »

天皇杯4回戦名古屋対岐阜

2008.11.2(日) 13時 豊田スタジアム

NHK名古屋の中継録画を借りて見たもの。

ヒドい内容と聞いてたが、前半の前半はまあまあ。岐阜の出足が良くて、攻撃がうまく繋がらず、てこずってたが、右SBが三木で左SBが渡邊じゃな、という感じだったし(もっとも、三木はともかく、渡邊がそれではまずいだろうが…)、岐阜に決定的な場面を作られていたわけでもなく、主導権を握られていたとは思わなかった。ただ、前半の後半になると、つまらないミスがぽつぽつ出始め、雲行きが怪しくなり始めた。
後半、立上がりに杉本が何度か好機を作りかけ、全てフイにしちまうと、本格的にヤバくなってきやがった。岐阜がいい形でゴール前まで攻め込んでくる場面が増えたし、GKがヘマをしたら1点ものだった、枠に飛んでるミドルも2-3発。その間、名古屋はまるでチャンスが作れないんだから。
それでもロスタイムに、花井のFKにバキが競って、ゴール前にこぼれて止まった所に、早いもん勝ちで飛び込んだマーヤが、ゴールに蹴り込んで勝った…。なかなか笑えるゴールだった(^^;)

確かにショボい試合だったけど、同日の大宮対セレッソ、翌日の浦和対愛媛を考えれば、J1の天皇杯初戦として、まあ、特別ヒドかったわけでもないんじゃないかな。格下相手にてこずっても、結局、最後はなんとかしちまうってのが、地力じゃないかという気もするし。
ところで、開催当日、大宮で試合後に聞いていた他会場の結果で、名古屋が0対0だったのは(延長に突入したのかと思ってた)、最後の方で三木が痛んで長いロスタイムになって、さらにその後に点が入ったからだったんだね。

杉本が、もうちょい気が利いてれば、もっと楽な試合だったはず。岐阜がうまく対応したとは、言えるのかも知れないが。見たのが確か2度目の新川は、あんまり目立つ所がない感じだった。やっぱり花井の方が、何か持ってそうな感じがあるみたいだ。

(2008.11.20)

|

« 天皇杯4回戦大宮対C大阪 | トップページ | 天皇杯4回戦浦和対愛媛 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43051134

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯4回戦名古屋対岐阜:

« 天皇杯4回戦大宮対C大阪 | トップページ | 天皇杯4回戦浦和対愛媛 »