« トップイースト11 リコー対セコム | トップページ | 感想「カードの館」 »

トップリーグ第10節サントリー対NEC

2008.12.21 14時 秩父宮 晴

 サントリー・サンゴリアス 23-15 NECグリーンロケッツ

前半はサントリーが信じられんほどヒドい出来。早い時間に山下が負傷退場した影響とかもあったのかな。メインからバック方向に吹いていた強風も影響した? やること全てうまく行かず、気合充分のNECが押しまくり。モールで押し込んでの2トライと1PGで0対15の折返し。
後半はサントリーに少しらしさが戻った感じで、ボールが綺麗に回る展開から平がトライ。さらにPGで8対15と追上げたが、そこで立て続けのシンビンで2人欠ける。ところが、圧倒的に優位に立ったはずのNECがかえって焦っちゃったみたい。バタバタになって、好機を掴んでも生かし切れない。箕内が裏へ抜け出して、独走トライを決めそうになったりしたが、これも小野澤に凌がれる。とかなんとかやってるうちに、今度はNECがシンビンで一人退場。サントリーが一気に畳み掛け、PGで点差を詰めた後、小野澤との綺麗な連携から北條が逆転トライ。終了寸前にはサントリーが駄目押しのもう1トライで、結果は23対15。な〜んだ、という終り方。地力の差なんだろうか。

  200812212ndboard

|

« トップイースト11 リコー対セコム | トップページ | 感想「カードの館」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43505592

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第10節サントリー対NEC:

« トップイースト11 リコー対セコム | トップページ | 感想「カードの館」 »