« J1リーグ第33節大宮対京都 | トップページ | J1リーグ第34節磐田対大宮 »

J1リーグ第34節大分対名古屋

2008.12.6(土) 14時30分 九州石油ドーム

可能性は残していたとはいえ、正直、優勝出来るとはほとんど思ってなかったが、既にツアーを抑えていたし、先週のピクシーのあのお言葉を聞いたからには、行かないわけには…。そういうわけで、生涯初めての九州へ。

九州石油ドームは、陸上競技場の割にコンパクトで、ピッチが近くに見えた気がする。悪くないスタジアムじゃないかな。駅前との往復のシャトルバスの渋滞の激しさ以外は。

優勝の可能性を目指して、モチベーション高く積極的に攻めることは出来ていたけど、立上がりにヨンセンが決定機を防がれ、吉村の決まったと思ったミドルが枠に弾かれると、次第に攻めあぐみ始めた。前半半ば以降は、全体的には名古屋の方が押してはいても、大分のサイドを使ったカウンターの方がずっと機能してた。決定的な枠内シュートを西村がよく防ぎ、枠にも助けて貰って、どうにか前半無失点で凌ぐ。
後半に入ると、大分は守り切ることに決めたみたいで、ほとんど名古屋が攻め続けになり、決定機も量産したけど、ナビ杯の時同様、崩し切れないまま。大分はラスト5分に攻勢を掛けてきて、相当危険な場面もあったが、名古屋も持ちこたえ、スコアレスドローで終了。

緊迫感があって気持ちも感じられて、いい試合だったと思う。内容も悪くなかっただけに勝ちたかった。でも勝てなかった、というのが、今年を象徴してるんだろうけど。もう一つ点を取れる要素が足りないというのは見ていてよく分かる。去年を考えれば、もう一つになっただけで、凄い進歩だけどね(^_^;)。それがダヴィなのか?、それで優勝出来るのか?、ってのは、また別の話として。

これで今年のリーグ戦は終了で、優勝は出来んかったとはいえ、開幕前にはまるで考えもしなかった素晴らしい1年だった。ピクシーがここまで凄い監督になるとは思いもしなかったなあ。今年に関しては、彼にどんだけ感謝してもしたりないくらいだ。

  20081206dome
  20081206board
  20081206flag
  20081206bow

|

« J1リーグ第33節大宮対京都 | トップページ | J1リーグ第34節磐田対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43404891

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第34節大分対名古屋:

« J1リーグ第33節大宮対京都 | トップページ | J1リーグ第34節磐田対大宮 »