« 全日本女子サッカー選手権準決勝 TASAKI対INAC | トップページ | 感想「サイモン・アークの事件簿1」 »

全日本女子サッカー選手権準決勝 日テレ対東京電力

2008.12.28(日) 14時 西が丘 晴

 日テレベレーザ 3(1−1)1 東京電力TEPCOマリーゼ
           (2−0)

マリーゼを見るのは、かなり久しぶり。よく準決勝まで上がって来たなあと思ったけど、なんせ見てないから、今年は結構強いのかもしらん、とも思った。

でも開始早々、ベレーザ・大野の個人技の突破に、マリーゼの守備が振り回されて失点。ただ、ガタガタと来るかと思った割に、その後は続かなかった。ベレーザが優勢だったものの、マリーゼも結構スピードで対抗出来てたし、30分にはCKからの流れで田中が押し込んで同点に追い付いてたから、案外分らねえかもと、ハーフタイムには思ってた。
でも、第1試合同様、後半に入ると、一気にベレーザペースになった。後半から入った荒川が、前で効いてた感じ。5分に右から綺麗に崩して永里優が決めて勝ち越し。8分には荒川が、マリーゼのDFが前へ出してくボールをカットして、そのまま持ってって3-1。時間が経つにつれて、試合はどんどんベレーザのワンサイドゲームになってしまい、後半の後半は、マリーゼはほとんど何も出来なかった感じ。ベレーザも、決定的な場面を何度も作った割には、その後、追加点は入らなかったけども。でも完勝だったな。

マリーゼは、丸山が走ってく以外に、流れから得点するイメージがほとんど見えなかったあたりが厳しかったと思う。これだと、先行されちゃうと、どうしようもなくなっちゃう。もう少し得点のパターンが見えないと。
ベレーザは、今年見たリーグ戦の2試合の印象があるもんで、攻撃は華々しくても、守備的には割と脆い所があるんじゃないかという気がする。この試合も、前半はちょっとバタバタしてる所があったし。決勝は、案外、INACにも勝ち目があるかも知れないと思うが、どうだろうな。

  200812282ndboard
  200812282ndflag
  200812282ndend

|

« 全日本女子サッカー選手権準決勝 TASAKI対INAC | トップページ | 感想「サイモン・アークの事件簿1」 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/43568757

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本女子サッカー選手権準決勝 日テレ対東京電力:

« 全日本女子サッカー選手権準決勝 TASAKI対INAC | トップページ | 感想「サイモン・アークの事件簿1」 »