« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

感想「ヒマラヤ自転車旅行記」

「ヒマラヤ自転車旅行記」 ベッティナ・セルビー 東京書籍
気に入ってる叢書で、古本屋で見つけると、買って読んでる「ザ・スポーツ・ノンフィクション」の1冊。

40台後半のイギリス人女性が一人で、パキスタンのカラチからネパールのカトマンズまで4000マイルを自転車で走破した旅行記。本にコピーライト表示が全然ないので、はっきりしたことが分からないが、巻末に1983年11月という記載があり、これが原稿の完成日とすると、時期は1970年代の末くらいなんだろうか。ペシャワルの難民キャンプという記述があるので、ソ連がアフガニスタンに侵攻して以降かと思ったが、それ以前から難民キャンプは存在していたのかな。パキスタンとアフガニスタンの国境近くまで行ってるが、ソ連が侵攻していた時期にしては、風景が少しのんびりし過ぎてるような気がするので。
体力的な問題や、気候や衛生状態といった環境的な問題以外にも、女性ということで、イスラム教圏のパキスタンではかなり厳しい思いもしているし、非常に過酷な旅で、完走出来たのが奇跡とも思えるほどだ。まあ、辛い思い出の方が話は大きくなりがちなので、そういう面はあるかも知れないが。著者は何カ所かで、本当にひどい目に遭ったことはそんなになかったというようなことを書いているのだけど、読んでいると、そこいら中でひどい目に遭ってるように思えるんだよな。
それにしても、相当過酷な旅なのは確かだと思う。ヒマラヤやガンジスの壮大な風景の中を走るサイクリングというのは、憧れを感じないでもないけど、さすがにここまでしんどい思いはしたくないや。

走り切った達成感が、最後の所であんまりうまく表現出来てない気がするのは、たどりついたカトマンズや、その後、立ち寄ったヒマラヤの奥地やシッキムでの暗い面が多く描かれているからだろう。サイクリング旅行自体は、日常から離れたものだけれども、取り巻く環境に住む人々の状況の厳しさに、手放しの開放感から引き戻されてしまう。
そういう所にきっちり目を向けている所は、お気楽な旅行記よりずっといいと思うんだが、その一方で、そういう環境の中へ、のこのこサイクリングに出かけて行くこと自体、どうなんかな、ということを少し思った。著者はこの地域に特に思い入れはなくて、何となく決めてしまった目的地だし、現地の事情に通じていたわけでもなく、かなり行き当たりばったりで旅をしている。当然、自力で出来ることには限りがあって、多分に現地の人々の好意で成り立っている旅だし、そこで相当迷惑も掛けているわけで。ヨーロッパ人のアジアに対する傲慢さみたいなものを感じないでもない、という気はした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「カリブ諸島の手がかり」

「カリブ諸島の手がかり」 T・S・ストリブリング 河出文庫
シリーズキャラクターのポジオリ教授が、カリブ諸島を巡る間に、様々な事件に遭遇し、解決していくという連作短篇集。設定は一応名探偵物風だが、ポジオリは状況に流されているうちに、手掛りを発見して事件を解決しているような感じで、推理力に長けた探偵というわけではない。ストリブリングには、ポジオリを通して、「名探偵」という存在を小馬鹿にしているような意図があるのかも知れない。印象としては、パロディ的で、その皮肉さが面白かった。
別の側面としては、イタリア系アメリカ人のポジオリが、カリブ諸島の様々な異文化に翻弄されるような形で事件に関わっている所が、文化の衝突を感じさせ、さらにはポジオリの「アメリカ人」ぶりを揶揄しているようにも思える。なにせ、異文化に属する方が、遥かに強い個性を持った、特別な人々なので。ちなみに著者はアメリカ人。
ただ、短篇を単発で読んだだけでは、こういう狙いはなかなか読み取れないだろうな。この作家は過去に短篇を1-2篇読んでいるが、その時、ぴんと来なかったのも無理はないか。
さすがに結末にはかなり驚かされた。だったら、この後のシリーズ作品はどういう展開をしてるんだろう、と思ったが、何食わぬ顔して、そのまま続いているとか。

単純にミステリとしてみると、割と単純な話が多くて、早めに解決の見当がつくので、もうひとひねり足りない、と思う所は多い。でも、まだ先例に乏しい1920年代の小説だから。その時代のミステリとしては、ちゃんと配慮して書かれているんじゃないかな、という感じはする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「墓標なき墓場」

「墓標なき墓場」 高城高 創元推理文庫
この作家は、名前だけは随分昔から知ってたが(思い返してみると、本書の解説を書いている新保博久のコラムで見たのが最初だった気がする)、本を見かけることがなかったので、読んだことはなかった。創元から昨年、文庫版全集が刊行されて店頭に並ぶようになって、少し気にしていた所で、今年年賀状を貰った中に、この本を賞賛している人が居たので、読んでみる気になった。

昭和30年代前半の釧路・根室一帯を舞台に、輸送船が謎めいた沈没をした原因を、新聞記者が探る話。時代的にも地域的にも自分にあまりにも接点がなく、読んでいても、いまひとつ掴めない感じはつきまとった。ある意味、エキゾティックな小説を読むような感覚だった気がする。考えてみると、ギブスンの小説の方が、時代だけでなく地理的にも、自分にはリアリティがある。「スプーク・カントリー」の舞台の一部のバンクーバーは行ったこともあるが、北海道東部は全く縁がない。本書で描かれる、ほとんど周囲が見えないような濃いガスが日常的に街を包み、サンマ漁師が札ビラを切りまくる街の風景ってのは、ほとんどファンタジーに近い。
とはいえ、ハードボイルド的なざらざらした人間模様の描き方は、時代を感じさせはしても(それはたとえば結城昌治や都築道夫でも一緒)、非常に上手い。話の転がし方も巧みで読まされた。かなり優れた作家という印象。
丁寧にプロットが組み立てられているが、手が込みすぎていて、解決が唐突に見える感はある。乱歩の影響が強かった時代に書かれた小説だからなんだろうか。長さ的に少し足りない、という気もする。また、真相が見えた時点で浮かび上がってくる何かが、あまりないので、やや余韻に欠けるようにも思える。ただ、その辺の印象も含めて、短編の方が向いている作家という可能性は確かにある。短編集も読んでみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「スプーク・カントリー」

「スプーク・カントリー」 ウィリアム・ギブスン 早川書房
久々のギブスン。そのせいか、なんだか読みにくかった。予備知識を与えずに話に入ってしまう所や、固有名詞の頻出、ややこしい言回しは相変わらず。訳者(浅倉久志)も、ちょっと振り回されてた感じ。読んでいるうちに、慣れてきたのか、すんなり読めるようにはなったけど。
内容的には、スリリングじゃないスリラーってとこか? 小説の体裁自体は、謎めいたコンテナを巡る、複数の勢力のつばぜり合いを描いたサスペンス小説という感じだが、全編を覆うまったりとした雰囲気が、全然サスペンスっぽくない。ただ、考えてみると、ギブスンの小説って、どれもそんな感じだし、自分がこの作家を好きな理由の一部は、そういう部分にあるのかも知れないという気もする。気楽に読めるスタイリッシュなサスペンス小説ってところ。あとは、隠喩とか、裏の意味があるんだろうな、という部分はあちこちにあるけれど、そういうのはどうせ分からないんで、どうでもいい。
4年前の「パターン・レコグニション」の感想を見ると、その時も似たようなことを思ったみたいだ。もっとも、本書はあちらよりもさらにプロットが適当になってるような気はする。作品中には「悪ふざけ」という形容が出てくるし、あとがきには「コメディ」とあるのは、そういうことの反映じゃないかな。コメディとでも考えないと、ちょっと苦しいというような。そういう点では、ギブスンの今までの長編の中で、一番ユルい小説かも知れない。
登場人物は、いかにもギブスン的で、やっぱり魅力的。特にチトーと、彼を巡る一族や神々?のあやしさがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ第13節東芝対三洋電機

2009.1.18 14時 秩父宮 曇

 東芝ブレイブルーパス 62-13 三洋電機ワイルドナイツ

第1試合は予想に反して接戦だったが、第2試合も予想に反した(^^;。リーグ戦1位と2位の対戦が、こんなめちゃくちゃなワンサイドゲームになるとは思いもしなかった。
先制点こそPGの三洋だったが、以降は東芝の猛攻に全く太刀打ち出来ず、東芝がトライで着々と得点を積み上げた。三洋は35分に北川が個人技で1トライを挙げたきり。33対8で折り返し。
後半もペースは変わらず、どんどん東芝がリードを広げたが、25分にロアマヌが危険なプレーでシンビンになると、それが徐々に効いたようで、三洋が少し息を吹き返し、32分に1トライ。これで、やっと55対13。
でも、ロアマヌが復帰した後、36分に今度は三洋の堀江がシンビンで、38分には東芝がとどめのトライ。最終スコア62対13。東芝が逆転でリーグ1位を決めた。

リーグ1位といっても、プレーオフに勝たないと、実質的にはあんまり意味はないわけだけど(去年の三洋がそうだった)、不祥事絡みで東芝のモチベーションが異様に高かったということなのかな。ただ、三洋も昨年に続く、リーグ戦1位突破で、今度こそプレーオフを勝って優勝という目標があったと思うんで、ここまでの点差が開いた結果は、意識だけの問題じゃない気がする。先週、3位サントリーをボコボコにした試合も合わせて考えると、根本的に今年の東芝は、むちゃくちゃ強いのか? だとすると、なんで(4位とはいえ)神戸製鋼にあんな大敗をしたのか、不思議になってくるが…。そういう意味では、神戸製鋼との再戦になる、マイクロソフトカップの準決勝が楽しみではあるな。

  200901182ndboard
  20090118fukei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ第13節NEC対サニックス

2009.1.18 12時 秩父宮 曇

 NECグリーンロケッツ 32-29 福岡サニックスブルース

先週ヘタレていたNECだったけど、まさか今週は、と思ったら、今週もだった。格下のはずのサニックスと五分の戦い。それでも前半は、サニックスが劣勢ながらも何とか食い下がっているという感じだったし、終盤にトライで18対17とひっくり返して折返した時も、よく頑張ってるなあという程度だったが、後半序盤にサニックスが2トライを挙げて30対17まで突放した時には、このまま普通に勝っちゃうんじゃないかと思った。NECの攻勢も瀬戸際でよく食い止めていたし。でも、そこからNECが執念でトライ2つをねじ込み30対29まで追上げ、39分にやや難しめのPGをFB松尾が決め、直後にノーサイド。 NECがギリギリで逆転勝ち。

松尾は割とイージーな感じのを幾つか外していたけど、最後はよく決めた。でも、後半に関しては、どっちが格上のチームか分からんような試合だったな。それでもNECは日本選手権進出だから、貴重な逆転勝ちだったことになる。
サニックスは突放せるチャンスもあったんだけど、詰め切れなかったのと、自陣内の深い位置での反則が効いてしまったという感じ。そこが、そういう所をきっちりケア出来てたコーラとの差だったかな。CTBフィフィタを中心に華やかな攻撃を見せてくれたとは思うけども、前半にあった、得点する度に直後に失点するような不安定な試合運びでは、やっぱりなかなか結果は付いてこないのかな。これでサニックスは入替戦廻りで、NTTコミュニケーションズか豊田自動織機とやることになるはず。ただ、豊田自動織機は分からないが、NTTはこの日のサニックスにはとても勝てそうもないように思える。

  200901181stboard

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ第12節NEC対コカコーラウエスト

2009.1.11 14時 秩父宮 晴

 NECグリーンロケッツ 18-22 コカコーラウエスト
                 レッドスパークス

開始2分にコーラが蹴り込んだボールの処理にNECのバックスがもたつく間に、コーラのSO福田が飛び込んで、トライエリアで先にボールを抑えて先制。さらに8分には自在なボール回しから、最後はWTB小柳が素早いステップでディフェンスをかわしてトライ、14対0。15分くらいまでのコーラは素晴らしい攻撃だった。
さすがにその辺からNECも地力が見えてきた感じで、次第に押しっ放しになったけど、コーラのディフェンスは粘る粘る。33分にスクラムから出たボールが渡った駿足のWTB窪田に走られて、トライを喫したものの14対7のコーラリードで折返し。
後半は序盤にコーラがPGで突放しに掛かるが、NECは力ずくで押し込んできて、展開はNEC優勢。セミシとかラトウとかが押し込んで来たら、そりゃあそうそうは持ちこたえられない。それでも20分過ぎにPGを許した後、切札だったらしい途中投入の快速22番ステイプルトンが、縦ポン一発で突放しのトライ。直後に押し込まれた所でやや不運な感じでセミシにトライを決められるが、7点差で終盤。ここからもコーラはNECの猛攻に耐えに耐え、NECの追加点をPGの3点に抑えて逃げ切った。22対18。
コーラは後半はやや息切れ感でミスもあったけど、よく頑張っていい試合をしてた。押し込まれても墓穴を掘るような反則がほとんどなかったのも勝因じゃないかな。以前見た時も思ったけど、基礎的な部分がとてもしっかりしたラグビーをするチームのように思える。
このところ、ヘタレな試合ぶりが続いているらしいNECは、この日の前半もかなりボロボロ。それでも後半はヘタレな感じはあんまりなかったんだけど、コーラの踏張りが勝ったという印象だった。

  20090111board
  20090111mask
  20090111fukei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ第11節横河武蔵野対クボタ

2009.1.4 14時 秩父宮 晴

 横河武蔵野アトラスターズ 17-47 クボタスピアーズ

前半の横河は積極的に仕掛けて、よく押し込んでた。好機の数ではクボタを上回ってたと思う。要所でノックオンや反則を繰返して、なかなか得点を重ねることは出来なかったけど。
クボタは少ない好機を、個人能力で確実に得点に繋げていた印象。地力では、クボタがかなり上っぽく見えた。ただ、10対14、クボタのリードは僅差で前半終了したので、この時点では、どうとも言えないな、という感じがしてた。
でも、後半に入ると、次第に横河に疲れが見えてきた感じで、そうなると、クボタの個人能力に太刀打ち出来なくなったみたい。後半11分から、クボタが4連続トライで10対40。そこで38分に横河は1トライ返したけど、応援団が「もう1本」って言ってるうちに、クボタがもう1本決めて試合終了(^_^;)。最後の方は横河は壊れちゃってた感じだったな。

  200901042ndboard

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト11 プレーオフ NTTコム対三菱重工相模原

2008.1.4 12時 秩父宮 晴

 NTTコミュニケーションズ 32-28 三菱重工相模原ダイナボアーズ

リコー戦同様、小細工なしでがしがし攻める三菱が優勢な展開。NTTは、いつものように君島のPG、DGに全てを託したような地味な試合運び。それでも前半は12対14の僅差。三菱は2トライ、NTTは君島のゴールが4つ。
後半も同じような流れだったけど、13分に三菱が後半2つめのトライを決めて、15対28に突放した時点で勝負は決まったと思った。PG5回分の点差なんで。でも、そこからNTTが、開き直ったみたいな、貪欲にトライを取りに行くラグビーを見せ始めた。18分、23分と決めて27対 28まで詰めて、27分に君島がDG…外れた。でも、猛攻は続いて、33分に押し込んでとうとう逆転トライ。やれば出来るんじゃん (^^;)>NTT。そのまま逃げ切ったNTTがトップチャレンジ2に進出。

三菱は途中までいい感じでやれていたのに、後半半ばから、まるっきり受身になっちゃった。NTTの極端なペースチェンジに追いつけなかった感じ。今季見た三菱の2試合は、劣勢の中で粘りを見せる展開だったんだけど、そういう所も見せられなかった。追われる立場では脆かったのかな。
NTTも、トップチャレンジ2を勝ち抜いた上で入替戦だから、まだ先は長いが…。

  200901041stboard

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「現代アートバブル」

「現代アートバブル」 吉井仁実 光文社新書
ギャラリストが現代アートの現在の状況について書いた本。しばらく前に読んだ「現代アートビジネス」と似たような内容。あちらに比べると、現代アートを戦略的に売って行くという部分への言及が小さい分、イヤミは少ないかな。でも読後の印象は似たような感じ。彼らは現代アートは特別なものじゃないと言うけれど、彼らにとっての「普通」が、普通の人にとって、既に「特別」なんじゃないか、という気持ちは消えないわけで。

ただ、これを読んでいるうちに、アートというのは絵とか彫刻とかに限らないという、頭では分かっていても、感覚的には消えなかったこだわりがなくなったような気がした。何がどう効いたのか、具体的にはよくわからないが、最終章、3-6「日本独自のストラクチャーに向けて」という部分を読んでいる時に、不意にそんな感じがした。
現代アートを見ていて、たとえば世の中に普通にあるものと見分けが付かないのに、アーティストが作ったというだけで高価で取引されることについて、なぜそれだけが特別扱いされるのかという所に、ずっと引っかかっていて、それがこだわりの一因になっていたと思う。でもそれは、アートだから高値が付いているわけじゃなく、売りたい人間と買いたい人間の個人的な需要と供給が一致したに過ぎないんだよな。どんなものでもアートと呼ぶことは可能なんだから、なんでこれがアートなんだろう、という疑問の置き方は的が外れていて、もっと踏み込んで、なぜこれがそこまで値打ちがあると考えられるのか、ということを考えるべきなんだろうと思った。今さらながら。
これからは、もう少し素直に、現代アートを見れそうな気がする。経緯はよく分からないにしても、そう思えたというだけで、この本を読んだ意味はあったみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国高校選手権2回戦市立浦和対滝川第二

2008.1.2(金) 12時05分 埼玉スタジアム2002

 市立浦和 0(0−0)0 滝川第二
       (0−0)
        4PK5

今年のサッカー初生観戦。

立上がり、浦和が流れを掴み掛けたけど、滝二の方が明らかに巧いし、チームとしての成熟度も高くて、じきに滝二ペースの展開に。決定的な枠内シュートも2 -3発あったが、浦和GK・町田と枠(^^;が踏ん張って得点を許さず。まあ、滝二は個人技で抜いてこうとする傾向が強かったけど(吉澤とか御手洗とか、巧かったな)、浦和は人数を掛けて守っていたから、そう簡単にはやられないかなという感じはあった。
後半に入ると、滝二が急速にペースダウン。風向きの影響もあったかも知れない。浦和が優勢になったけど、こちらはスキル面で難有りで、決定機まではなかなか行けない。キャプテンの徳島が、視野が広くてプレーも正確で、中盤の底から気の利いたパスを度々繰り出していたけど、それにうまく呼応出来る選手が、イマイチ居なかった感じ。徳島は攻め上がって、いいミドルも撃ってたけど、決まらなかった。後半の滝二は全体の押上げが薄くて、攻撃の駒不足だった感じ。それでも 1-2度決定機は作ったが押し込み切れず。スコアレスで80分終了しPK戦。
浦和は県予選をPK勝ちの連続で突破してきたチームなので、PK戦なら有利かなと思ってたが、滝二も後半ロスタイムに、明らかにPK戦対策での GK交代をしてたんで、それなりに成算はあったんだろう。そのGK・宮本が浦和の4人目を止めて、5対4で滝二の勝ち。さすがにわざわざ出してくるだけのことはあったなという感じ。

思ってたほど、双方の力の差がなかったという気はする。浦和は、もっと滝二に圧倒されるかと思ってたんで。滝二の勝ち抜けは順当と思うが、今年のチームはそんなに圧倒的な力はないみたいだな。
おかげで拮抗した試合になったので、見ていて楽しめたような気はする(^^;。

  20090102board
  20090102strat
  20090102end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »