« 感想「ホワイト・シャドウ」 | トップページ | 感想「あなたに不利な証拠として」 »

日本選手権決勝 サントリー対三洋電機

2009.2.28 14時 秩父宮 曇

 サントリーサンゴリアス 16-24 三洋電機ワイルドナイツ

立上がりからサントリーが優勢で、PGで着々と得点を重ねたが、そこはPGじゃなくて、トライを狙いに行くべきじゃないの?、つまんないな、という感じがあった。最後の方に三洋がPG1本決めて、9対3で折返し。サントリーがそういう調子だし、三洋もミスが多くてぱっとせず、イマイチな前半。
後半に入ると、サントリーはライアン・ニコラスのPGが入らなくなり、曽我部のDGも外れっ放しで、得点が伸びない。一方、三洋は後半15分くらいにトニー・ブラウンが入ると、急激にチームが活性化。19分に逆転トライが決まり、続く26分の北川のトライはかなり怪しい節もあったが(スローフォワードじゃないの?、とか、ノックオンじゃないの?、とか)、その後の33分に、つながったパスが右サイドを突っ走る北川へ出て決まった駄目押しトライは、三洋らしい形を綺麗に作った文句なしの得点。サントリーは37分にようやく1トライ返したが、遅過ぎた。三洋が優勝で、2連覇。

サントリーは、なんであんな弱気な試合運びをしちゃったんだろう。三洋の守備が堅くて、トライを取りに行ってギリギリで凌がれた場面も何度かあったのは確かだけど。というか、そこで決め切れないのはサントリーらしくないと思ったから、そういう意味ではサントリーがちょっと、チーム力的に辛い所があったのかなとも思う。チーム事情を知らないから、わからないけれども。
三洋は、トニー・ブラウンの登場に尽きるという感じ。マイクロソフト杯決勝では、彼の先発がチームの足を引張った面もあったと思うけど、今日はそれをすべて払拭した感じ。それだけ大きい存在だということなんだろうな。
後半は、結構盛り上がったと思う。東芝の欠場はいろんな意味で痛かったと思うけど(スコアボードの広告もなくなってたみたいだ)、決勝がそれなりに納得のいく試合になったんで、まあ、良かったんじゃないかな。

  20090228board
  20090228fukei

|

« 感想「ホワイト・シャドウ」 | トップページ | 感想「あなたに不利な証拠として」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44203796

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝 サントリー対三洋電機:

« 感想「ホワイト・シャドウ」 | トップページ | 感想「あなたに不利な証拠として」 »