« 感想「あなたに不利な証拠として」 | トップページ | 感想「俺の拳銃はすばやい」 »

J1リーグ第1節名古屋対大分

2009.3.7(土) 14時 豊田スタジアム 屋内
観客 25395人 主審 吉田寿光 副審 犬飼一郎、平野伸一

 名古屋グランパス 3(0-1)2 大分トリニータ 
           (3−1)

 得点 10分 大分・金崎
    54分 名古屋・ダヴィ
    75分 名古屋・玉田
    82分 名古屋・ダヴィ
    84分 大分・ウェズレイ

 名古屋 楢崎(GK)、田中、バヤリッツァ、増川、竹内(87分吉田)、
    小川、中村、吉村、マギヌン(81分山口)、
    玉田、ダヴィ(84分杉本)
 大分 西川(GK)、上本、森重、小林(86分森島)
    ホベルト、藤田、高橋、金崎、鈴木、
    ウェズレイ、高松(83分家長)

 退場 78分 大分・高橋(一発)

 警告 名古屋 吉村(1)、竹内(1)、増川(1)
    大分 金崎

山形戦の前日に、あわててJSPORTSの録画を見た。

基本的には、大分の堅守速攻に手を焼くという、去年の対戦のうち、後ろ3回と似たような展開だったのかなという気がする。ただ、ACL蔚山戦を見た後の比較だと、大分の速攻は脅威だけど、守備というか、接点での強さは蔚山の方が上じゃないかなと思った。まあ、本当にそうだったとしても、実際の試合の順番が逆なので、選手にとっては、あんまり慰めにはならなかったと思うが。それと、蔚山戦に比べれば、先行されて、いまいち攻めあぐんでる時間帯も、それなりに形は作れていたし、試合としては楽だったんじゃないかという気がした。蔚山戦のイメージから、もうちょっと出来の悪い試合を想像していたので。もっとも、リアルタイムで現地で見てたら、とてもそこまで余裕は持てなかっただろうな、とも思ったが。

大分は金崎が切れまくってて、前半に危険なシュートが3発。そのうち、10分の最初の1本が決まって、大分が先制。0-1での折り返しになったが、後半 10分にダヴィが個人技(というか、パワー)で、森重をはね飛ばして押し込んで同点。その後、押しながらも追加点が奪えずにいたが、30分に金崎に抜け出され、ナラと1対1になられる大ピンチを迎え、これをナラが防いだ所からカウンターがかかり、マギヌン→直志でゴール前へ流したボールを玉田が決めて逆転。その後、左サイドで竹内が高橋にタックルを仕掛け、怒った高橋が竹内をどついて退場になる(まあ、これは竹内が悪かったと思うんで、高橋はちょっと気の毒だった)。数的優位になったが、追加点はまたダヴィの個人技。上本を押しのけて決めて3-1。少し気が緩んだか、直後にFKからピチブに得点を許し、最後の方は少し危ない場面もないではなかったけど、おおむね手堅く守ってそのまま勝利。

1点目と3点目が、まるっきりダヴィの個人技な分、2点目の意味はかなり大きい気がする。こういうつないで速攻を仕掛けて点を取るという場面が、去年はなかなかなかった。しかも、小川とマギヌンとかじゃなく、直志と玉田ってとこが、大きいと思う。こういう形でも点が取れるというのが見えたということで。
それでも、去年だったら、大分にうやむやで守り倒されていたんじゃないかな。やっぱりそこは、ダヴィの個人的な強さが効いたと思う。特定の個人の能力に頼ってばっかりじゃ、安定した強さは保てないと思うし、何より、見てていまいちつまらないんじゃないかとも思うんだが、どうしてもそれが必要な試合ってのもあるよな。大分戦てのは、そういう試合なんだろうな。

ダヴィの強さって、ちょっと、最盛期のピチブを思わせるものがあるかな、という気がした。期待出来そうで、良かった。あとは、アラブに買われちまわないようにしないと(^^; 。
(2009.3.13)

|

« 感想「あなたに不利な証拠として」 | トップページ | 感想「俺の拳銃はすばやい」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44393019

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第1節名古屋対大分:

« 感想「あなたに不利な証拠として」 | トップページ | 感想「俺の拳銃はすばやい」 »