« J1リーグ第2節山形対名古屋 | トップページ | 感想「WIFE OR DEATH」 »

J1リーグ第2節広島対大宮

2009.3.15(日) 14時 広島ビッグアーチ

 サンフレッチェ広島 2(1-1)3 大宮アルディージャ 
            (1−2)

BSiの中継を録画で見た。

前回の2年前のビッグアーチでの対戦は見に行っていた。あの時はロスタイムに駒野に決勝ゴールをぶち込まれたんだっけ。
開始早々、大宮は守備の乱れから、ややアンラッキーな形(というか、かなり間抜けな形)で、広島に先制を許し、その後も広島の速いパスワークに翻弄されっ放しだったが、江角が当たり屋の本領発揮で、広島のシュートを止めまくる。前半半ばに、トミダイが寿人を倒して与えた槙野のPKも、がっちり止めちゃう。そうこうしてるうちに、広島のペースがやや鈍ってきて、大宮の攻め手もバックラインやボランチのロングボール放り込みくらいしかなかったのが(広島がやたらと前掛かりで攻撃的だったので、これは結構効果的だったが)、もう少しいろいろやれるようになってくる。その矢先、波戸がオーバーラップしてペナルティエリアに侵入した所を倒され、PKゲット。「慟哭の壁」(と、韓国では呼ばれていたらしい(^^;)マトがずどんと決めて同点。

後半に入ると、また広島が圧倒的に押し始め、その展開から森脇にゴールを決められる。さすがにこうなると、後は大宮の惨敗かなという気がしたんだが、後半半ば、カウンター一発で、新井→藤田、折り返しを市川。大宮がまた追いつく。以降も広島優勢のペースは変わらなかったが、終盤に来て、カウンターからのCK から再び慟哭の壁が決め、とうとう逆転。その後も広島に攻められ続けながらも、ゴールの枠も味方に付けて、大宮が逃げ切った。

広島のサッカーは、確かに華麗にボールが廻って、標榜してる通り、見てて(やってても?)楽しいサッカーかも知れない。でも、少なくともJ1ではいまいち勝負弱いチームのわけで、それなのに、いいサッカーをやってるというのを、そのことの免罪符にしてしまっているように思える。
今日の試合なんか、広島のそういう弱点が典型的に出た試合じゃないかな。8割方、広島に試合を支配されながら、したたかに勝ったという感じで、大宮的には最高の試合じゃないか?
大宮はボランチの新井が、攻撃面でセンスを感じさせるボールをよく出していたと思う。清水戦では粗さの方が目立っていた気がしたけど、この試合を見ると、期待のルーキーで抜擢されたことに納得。いつもこういう感じでやれるようなら、大宮の歴代で最高のボランチになる可能性もありそう。

|

« J1リーグ第2節山形対名古屋 | トップページ | 感想「WIFE OR DEATH」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44393297

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第2節広島対大宮:

« J1リーグ第2節山形対名古屋 | トップページ | 感想「WIFE OR DEATH」 »