« 感想「ヒトラーへの聖火」 | トップページ | JFL前期第3節横河対琉球 »

ナビスコ杯予選L第1節大宮対新潟

2009.3.25(水) 19時 NACK5スタジアム大宮 曇一時雨
観客7823人 主審 飯田 副審 手塚、岡野

 大宮アルディージャ 2(1−0)1 アルビレックス新潟
            (1−1)

 得点 24分 大宮・マト
    58分 新潟・ジウトン
    82分 大宮・石原

 大宮 高木(GK)、土岐田(89分福田)、冨田、マト、波戸、
    金澤、新井(61分藤本)、渡部、橋本
    市川(68分藤田)、石原
 新潟 北野(GK)、酒井、千代反田、永田、ジウトン、
    マルシオ・リシャルデス、本間、千葉(58分曺永哲)、松下、
    田中(87分川又)、大島

 警告 大宮 渡部(1)
    新潟 本間、マルシオ・リシャルデス

立ち上がり、新潟が綺麗にボールを廻して、田中アトムのいい感じのCKとかもあって、確かに序盤戦好調のチームらしいと思ったけど、FWが薄い感じで、ゴールに至らない。田中やマルシオ・リシャルデスがFWっぽい位置取りで動いたりしてたけど、本職のFWは大島しか居なかったんじゃないかな。ペドロ・ジュニオールはどうしたんだろうと思ってたが、その後、たまたま見た新潟日報の記事を見ると、大宮からレンタルで新潟に移籍するに当たって、大宮戦には出場させないことという条項が設定されてるんだそうだ。
大宮は土岐田の右SB起用という無茶をして、新潟に球を廻されまくったのは、ひとつにはそこが大穴だったせいもあるが、慟哭の壁(^^; の存在がでかくて、新潟の攻撃をよく凌いだ。前線では先発の2トップ、市川・石原がよく走ってかき回していたから、ゴールの気配はむしろ上回っていたと思う。で、前半半ば、橋本のCKから慟哭の壁が決めて、大宮が先制。

後半は新潟がやや優勢な雰囲気。12分、新潟の直接FKを大宮GK高木がパンチングで逃れるが、新潟のジウトンが拾ってループ気味なシュート。高木の頭上を越えて決まって同点。
その後は一進一退で、このままドローかな、という気配があったが、38分、大宮右サイドの深い所(トミダイだったらしい)から、長いクロスがゴール前へ。途中交代で入っていた藤田が落とし、石原が押し込み、大宮が再度勝ち越し。そのまま逃げ切った。

FWが薄かった新潟に対して、大宮は石原・市川・藤田以外にも、土岐田は本職はFWだし、右サイド起用の渡部もFWで、若くて走れる連中をピッチに大量にばらまいて、とにかくかき回して貪欲にゴールに迫っていた。その割に、あんまりいいシュートが飛ばないのはご愛嬌だが(^^;、確かに攻撃の意思は感じられたし、そこが勝敗の分かれ目だったようでもあるかな。
でも、新潟にペドロ・ジュニオールが居たら、全然違った試合になってた可能性は高いと思う。そういう意味では、契約バンザイかな。セコイようではあるが(^^;、それでも新潟さんは欲しがったわけだし。大宮戦以外ではペドロも頑張るだろうから、大宮にとっては、一石二鳥な貸出しだよなあ。

それにしても、前半半ばの雨は辛かった。ろくに雨具を持ってなかったし、寒かった。

  20090325board
  20090325fukei
  20090325end

|

« 感想「ヒトラーへの聖火」 | トップページ | JFL前期第3節横河対琉球 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44495665

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第1節大宮対新潟:

« 感想「ヒトラーへの聖火」 | トップページ | JFL前期第3節横河対琉球 »