« JFL前期第3節横河対琉球 | トップページ | J2リーグ第5節東京V対栃木 »

「ヤッターマン」

正直、アニメを実写化して、どういう意味があるんだろうと思っていたけど、ヤッターマンだし、見に行かんわけにもいかんなと思ったのと、結構、評判もいいみたいなので、見に行ってみた。

それなりに実写化する意味は感じられた映画だったかな。オリジナルの設定やストーリーは全て生かした上で、映像的に新しいものを作ろうとしていた。むしろ、オリジナルのパロディのような感じのあるTVのリバイバル版よりも、今、あえて「ヤッターマン」を作る意味を考えられている、という面もあるかも知れない。実写といっても、CGで作られている部分がもの凄く多くて、登場人物以外はほとんどCGみたいな感じだが、それも、現時点で「ヤッターマン」を作るならこうなる、という現れのように思えるし(TV じゃ予算がなくて無理、という要因もあるだろうが)、独特のコミカルでグロテスクな世界を作ってる。ここまでグロでいいんかな、とも思ったが、まあ、あんまり子供は相手にしてないのかな。別の意味で、ここまでやっちゃっていいのかな、と思う場面もあったけど、子供向きじゃないと割り切れば、OKなんだろう(^^;。というか、オリジナル版のコンセプトを、現時点で再現しようとしたら、多分、これくらいやらないといけないんじゃないかと思った。元々、タツノコのアニメって、うわべは結構ごまかしてるけど、かなりシュールで残酷でグロかったわけで。

ちなみに、ストーリーは、ほとんどどうでもいい感じ(^^;。

ヤッターマンの二人は、案外はまってた気がする。深田恭子は微妙。ちょっとアニメ版の印象が強烈過ぎるキャラなので。それは生瀬勝久も同じ。ケンドーコバヤシは、その点では得してると思う。予想外に良かった。

ちなみに、小原乃梨子とたてかべ和也がゲストで出てたが、八奈見乗児が出なかったのはなんでだろうな。代わりに?笹川ひろしが出ていたが。

|

« JFL前期第3節横河対琉球 | トップページ | J2リーグ第5節東京V対栃木 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44496284

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤッターマン」:

« JFL前期第3節横河対琉球 | トップページ | J2リーグ第5節東京V対栃木 »