« 感想「勝利のチームメイク」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/8) »

ACLグループL第3節 名古屋対ニューカッスル

2009.4.7(火) 19時 瑞穂陸上競技場

 名古屋グランパス 1(0-1)1 ニューカッスル・ジェッツ
           (1−0)

 得点 ニューカッスル
    名古屋・玉田(FK直接)

BS朝日の録画中継を、結果を見ないで見た。

前半の名古屋はヒドイ出来。パスミス・連携ミスだらけで、そこをニューカッスルが虎視眈々と狙っているから、やられっ放し。9分に、ハユマがバキからのボールを受け損なってタッチを割り、ニューカッスルがスローインから速攻を掛けて先制。その後も、ほぼ一方的にニューカッスルペース。特にハユマのミスが目立った気がする。失点に絡んだのが尾を引いたかな。なんであんなにミスが多かったんだろう。川崎戦から選手をかなり入れ替えていた影響はあったかも知れないが、川崎戦自体、ミスの多い、相手のスピードとプレッシャーに対応出来てない試合だったから、その流れのままだったとも思える。それでも、まだ川崎戦の方がマシだった。相手がデカくてビビったか、それとも遠近感が掴めなかったか?(^^;。

前半は意図としては、ダヴィの1トップで、花井のトップ下だったのかな。でも全然機能してなくて、後半は花井に替えて玉田。そのせいだけでもないと思うんだけど、後半の名古屋は、前半とは見違えるような積極的な動きを見せて試合の主導権を握り、半ばにハユマがゴール正面で潰されて得たFKを、玉田が鮮やかに直接決めて同点。これでハユマはチャラ?(^^; その後もチャンスは作ったが攻め切れず、1-1のドロー。

後半もミスはかなりあったし、そこから作られたチャンスでやばいシュートを何本か打たれた。ニューカッスルは、どこからでも軽々とロングボールをゴール前へ蹴ってくるから、気が抜けない。ナラのファインセーブがなかったら、あと2-3点失点してた可能性が大きい。前半は、まるっきり負けゲームだったし、それを思えば、この試合は引分でOKと考えるべきかもしれない。でも、アウェーで勝てるかどうかは微妙だと思う。主力の吉村・阿部・増川を休ませたと言っても、彼らが入ったら見違えるほど上積みがあるかというと…(^^;。もっとも、玉田が頭から出れば、ある程度の効果は見込めるのかな。あと、ニューカッスルは、後半はかなりペースダウンしてた感じだったし、前半は飛ばしててバテたということなら、その辺につけ込めれば?

今年、あんまり調子が良くない気がしてたマギヌンが、テレビで見る限り、存在感のある働きをしてると思った。あと、日頃、あんまり思わないんだけど(^^;、バキが妙に頼もしく見えた。体格もあるんだろうが、国際試合慣れしているからかな。

|

« 感想「勝利のチームメイク」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/8) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44643623

この記事へのトラックバック一覧です: ACLグループL第3節 名古屋対ニューカッスル:

« 感想「勝利のチームメイク」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/8) »