« セリーグ ヤクルト対中日(4/8) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/12) »

J1リーグ第5節名古屋対浦和

2009.4.12(日) 16時 豊田スタジアム

JSPORTSの録画中継を、柏戦の前夜に録画で見た。

開始早々、いきなりハユマのとんでもないバックパスを持って行かれて、あわやという場面。またこういう試合かよ、と思ったけど、そういうとんでもないミスは、その後は案外なかった。そういう意味じゃあ、ここ3試合の中では一番まともだったかも。ただ、浦和の4枚の中盤がいい連携を見せて、そこから田中達也、彼が痛んだ後は原口がボールを引き出して、厚い攻めを見せていたから、どう見ても優位なのは浦和。20分くらいまでの圧倒的な浦和のペースを耐えた後は、名古屋も攻める時間帯は作ったけど、とりあえず前へ放り込むか、突っかけるかみたいな単調な攻撃で、あんまり可能性を感じなかった。前半終了目前に、厚い攻めから、こぼれ球を原口がぶち込んで、浦和が先制したのも、当然の成り行きという感じ。名古屋的には、あと少し凌げれば、という感じの時間帯ではあったけど。
後半の名古屋は、キックオフ前のアップで足を痛めていた玉田を杉本に替え、システムもいじったらしい。前を厚めにしてがしがし仕掛けて、ペースを握り、直志の上がりから、決定的な場面も作ったが決まらない。巻を投入してパワープレーも仕掛けたが、例によって、あんまりうまく行ってなかった感じ。後半は、一応名古屋の方が優勢だったとは思うけど、あんまり得点の気配はなかったし、結局そのまま終了。

ぱっとしなかったなと思ったが、川崎戦、ニューカッスル戦よりはまだマシだったように見えたから、それを復調の兆しと信じたい(^^;。

それにしても、阿部が低調。ディフェンスはともかく、攻撃面で見る影もない感じ。去年の反動なのか、シーズン前の故障の影響か。
ハユマも、運動量は大したもんだけど、周囲との連携が、なかなかうまく行かないねえ。両SBがこの状態では、確かにサイド攻撃が機能しないのも分かるってもんだ。

それにしても、トップチームまで、原口・山田Jrにやられてしまうとは(--;)。去年のユース決勝の仇を討てなかったな。返り討ちか。
(2009.4.18)

|

« セリーグ ヤクルト対中日(4/8) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/12) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44717603

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第5節名古屋対浦和:

« セリーグ ヤクルト対中日(4/8) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/12) »