« セリーグ ヤクルト対巨人(4/15) | トップページ | J1リーグ第6節柏対名古屋 »

J1リーグ第6節川崎対大宮

2009.4.18(土) 16時 等々力

新潟戦の後、遅ればせながら、JSPORTSの録画中継の録画を見た。

大宮はほとんど石原の1トップみたいに見え(登録は主税との2トップだったみたいだが)、そこへボールを入れてく攻撃。それなりに効いてたと思うが、全体的には川崎の方が支配的。でも、大宮がスペースを潰してたこともあって、川崎の攻撃の連携も噛み合わず、もたもたしてるうちに、石原が主税のスルーパスから決めて、大宮が先行。
後半に入ると川崎の連携が段々合って来た感じで、危ない場面がぼちぼち。半ばに憲剛のパスからチョンテセが決めて同点。
そのまま試合は終盤で、勝ちたい川崎が前掛りになる裏を突いて、大宮にも決定機が生まれたが、物に出来ず。85分を過ぎた所で、川崎右サイドの井川がゴール前にクロスを入れて来て、逆サイドからノーマークで入ってきていた谷口に押し込まれる。その後にはジュニーニョの個人技に塚本が翻弄される形でもう1点。1 対3で大宮の敗戦。

全体の流れ的には、引分けが妥当な試合に見えたが、川崎2点目の場面、谷口にあそこまでフリーで入られちゃうと、さすがに。 3点目は、まあ、役者が違うんで(^^;)。終盤の大宮が、守備の集中力を欠いたってとこかな。大宮はこの試合、勝ちに行ってたらしいんで、勝ちたい気持ちが強すぎて裏目に出たという面もあるのかも。そういう意味じゃあ、途中投入の渡部がぱっとしなくて、攻撃力アップにつながらなかったのは痛かったか。渡部はその後、さらにラフリッチに入替られちゃった。本格的に行き詰まってくるようなら、大宮は戦術を見直して、ラフリッチを生かすことも考えてくべきじゃないかな。去年、あれだけ貢献したラフリッチを使わ(え)ないのはもったいない。
(2009.4.27)

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/15) | トップページ | J1リーグ第6節柏対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44842820

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第6節川崎対大宮:

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/15) | トップページ | J1リーグ第6節柏対名古屋 »