« J1リーグ第7節大宮対新潟 | トップページ | 感想「血涙」 »

J1リーグ第7節名古屋対横浜

2009.4.26(日) 16時 瑞穂陸上競技場

JSPORTSの録画中継の録画で見た。

かなりの強風が吹いてたみたいで、前半の名古屋は風下。どの程度影響があったのか、画面ではよくわからなかったが、風下といいつつ、名古屋は結構攻め込んでた感じ。ただ、横浜が引き気味で手堅い守りを敷いていたので、それをなかなか崩せてなかった。横浜の攻撃はほぼ(風を生かした?)カウンターのみで、そこそこ切れ味はあっても、そんなに怖くはなさそうだったんだけど、前半終了間際に、坂田に先制ゴールを決められてしまう。別にちぎられたわけじゃなく、マーヤと増川でコースは切って、シュートコースがGKの正面しかないように狭めていたのに、力づくでナラの頭上をぶち抜かれてしまったみたいに見えた。
後半は勢い付いた横浜がちょっと攻勢。その後は名古屋が徐々に盛り返したけど、どうも決定機まで持っていけない。もどかしい展開で30分まで来てしまったが、そこで小川のCKをマーヤが押し込んで同点に追いつく。横浜GK榎本の中途半端な飛び出しに助けられた感じ。残り10分を切った所で、小川が今度は、ゴール左斜め前の角度のない所からのFKを直接決めて勝ち越し。その後は名古屋ペースになって、そのまま勝ち切った。

名古屋は連戦の3戦目でさすがに疲労があった? 天候の影響もあったかも。優勢な試合運びだったけど、やっぱりちょっと重くて、そんなにいい内容じゃなかった感じ。横浜が案外激しく来なかったので、助かったと思う。横浜の成績がいまいちなのが、なんとなく分かる気がした。

津田は、ああいう形で使われちゃうと、やっぱりダメだな。去年もそうだった。ただ、あそこしか彼には(控えも含めて)ポジションが空いてない気もする。そう思うから、ピクシーも起用するのかも知れないが。
後半途中からの竹内が、意欲的で良かったように思えた。名古屋が追いつくタイミングでの投入になったから、流れに乗っただけかも知れないけど、ニューカッスルでも良かったし。うまく使ってやれば、結構期待出来る気がする。
(2009.4.28)

|

« J1リーグ第7節大宮対新潟 | トップページ | 感想「血涙」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44842871

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第7節名古屋対横浜:

« J1リーグ第7節大宮対新潟 | トップページ | 感想「血涙」 »