« J1リーグ第10節大宮対大分 | トップページ | ACLグループL第5節 名古屋対蔚山 »

イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(5/6)

2009.5.6(水) 13時 鎌ヶ谷

雨降ってるし、やれるんかなと思ったが、八柱で球場に電話して聞いてもやる予定ですと言うんで、行っちゃった。
  20090506fukei
田中幸雄がゲストで、いくつかイベントをやってたが、始球式がよかったね。うちの監督の猿渡さんは日ハムのコーチだったこともあり、田中幸雄の恩師だそうで、打席に立ったが、始球式のボールをライト前にクリーンヒット(^^;)。恩師だから許される狼藉か?(^^;)
  20090506sikyu
  20090506saruwtr
試合は須永と田中ユウキ(またか(^^;))の先発。1回表、1死後、三輪が陽の遊ゴロ悪送球で出て、須永の暴投で2進。梶本のツーベースであっさり先制。
しかしその裏、ユウキは連続三振で2死取った後、小田にヒットを打たれ、続く中田にレフトへホームランを打たれて逆転される。中田は10号だそうで、今年は開花しつつあるのか?
2回以降、うちの打線は須永を打てない。5回に吉本と鬼崎のヒットで2死1-2塁まで攻めたが、打順はユウキで三振し、ここも無得点。
ユウキは4回にも1失点。6回3失点は悪くはないけど、割に簡単にヒットを打たれてしまってる印象で、失っている点以上に不安感がある。使われ方からすると、チームはある程度期待してるんじゃないかと思うんだけど(とはいえ、依然、育成選手のままだが)、内容的には微妙だな。それとも、楽天の井坂みたいに、キャッチャーが代われば化けるのか?
須永は6回に2四死球、乱れてきた気配があり、日ハムは7回から宮本、9回は江尻と繋いできたが、どっちも打てず、1対3のまま完敗。ヤクルト的にはほとんど見所のない試合だった。あ、猿さんのヒットがあったか(^^;)
  20090506end
ちなみに雨は結局、弱くはなっても完全にやむことはなかったけど、そんなに激しい降りにもならず、試合が滞ることはなかった。

|

« J1リーグ第10節大宮対大分 | トップページ | ACLグループL第5節 名古屋対蔚山 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44925278

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(5/6):

« J1リーグ第10節大宮対大分 | トップページ | ACLグループL第5節 名古屋対蔚山 »