« 感想「金髪女は若死する」 | トップページ | JFL前期第10節町田対長崎 »

J1リーグ第11節磐田対大宮

2009.5.9(土) 14時 ヤマハスタジアム

JSPORTSの録画中継を録画で見た。スコアから考えてたのに較べて、良かった所と悪かった所があったという印象。

悪かったのは、失点が3点で済んだのが不思議なくらい、劣勢の時間帯には、磐田のダイレクトパスや速い動き出しに全く対応出来ず、やられまくっていたこと。まあ、相変わらず信頼感に欠けるメンバーでバックラインを構成してるし、頼みのマトも、何でも自分でやらないといかんと思い始めて、悪循環に陥ってる気配もあるし。最初の失点はマトのクリアミスをイ・グノに拾われたもの。MFも、金澤とか線が細いし、守備的にボロイのは、やむなしという感じではある。
磐田はシュートを早め早めに撃ってきていたから、押されてる割にはシュートは決まらなかった。そこは大宮がうまく対処したという面はあるのかな? でも、そうは言っても前半の最後に西に2点目をきっちり決められてるんだけど。
ちなみに終了直前のイ・グノのゴールは、大宮が点を取りに行ってた時間帯だし、守る側の役者も違い過ぎたし、しょうがないわな。

いいとこは、それでもカウンターからの速攻主体でチャンスを作れてる時間帯があったことだ。押し込まれた状態からのカウンターでは攻撃に厚みはないが、縦のスピードでまさって、得点出来そうな場面はそれなりにあったから。こんな試合でも、藤田と石原は、それなりの働きが出来ることが分かったし、一発で試合の局面を変える(可能性がありそうな)主税のパスセンスも健在。もっとも唯一の得点は、速攻というよりは、主税の嗅覚で取った点のように思えたが。

今週のダイジェストに載ってた断片的な記事を見ると、山形戦の時に監督と選手の間で戦術面の意見対立があったらしい。それでトミダイや慶行が干されているのかな?
今年の選手構成や、去年までのどことなく閉塞感の漂うチームの活性化ということを考えたら、張外龍の速攻主体のサッカーという方針は間違ってはいないと思うが、それを推進するあまり、うまく点が取れなくなった時の歯止めが失われているような気はする。元々、守備にベースを置いて、行き詰まった時はそこに立戻って、うやむやな守備力でなんとか生き延びてきたチームだけに、そこを切捨てるのは相当な冒険のように思える。
(2009.5.14)

|

« 感想「金髪女は若死する」 | トップページ | JFL前期第10節町田対長崎 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45100292

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第11節磐田対大宮:

« 感想「金髪女は若死する」 | トップページ | JFL前期第10節町田対長崎 »