« JFL前期第10節町田対長崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(5/15) »

J1リーグ第11節神戸対名古屋

2009.5.10(日) 14時 ホームズスタジアム

NHKBSの生中継で最後の20分くらいは見ていたが、録画で通しで見直した。

名古屋の動きが鈍くて、うまく形を作れない試合。ポゼッションで上回ってる時間帯はあるにしても、神戸の思い切りのいい試合運びの方が、ゴールに直結しそうな気配が強かった。とはいえ、ゴール前まで持ち込まれた場面はほとんどなく、むしろ20分の玉田の直接FK(枠を叩いた)、30分過ぎの杉本のゴール(オフサイド)と、名古屋の方が回数は少ないが、決定的な場面を作った。

後半開始4分に金南一の豪快なオウンゴールで名古屋が先制。Jリーグ史上最長のオウンゴールじゃないか? ミスキックだったのかね。でも13分に茂木に抜け出されて失点。増川が止めに行ってあっさりかわされた感じで、大宮戦・磐田戦と、CB2人のミスが目立ったけど、その前兆という気もする。さらに16分にロングボールの縦1本に茂木が走り込み、ペナルティ内でナラと接触して倒れてPK。ナラがすげー怒ってたんだけど、確かに接触はしてるけど、あれはPKじゃないよなあ。茂木が飛んだような感じもないので、主審は流すべきだったんじゃないだろうか。マルセウに決められて逆転。
その辺から後は、リアルタイムで見ていて、神戸の守り切るという意思が感じられる試合運びで、これは無理っぽい、と思っていたが、パワープレーで攻める中。ロスタイムにナラのフィードから、巻のポストが宮本の股間を抜け、それに津田が走り込んで決めちゃった。

リアルタイムで最後の方だけ見た印象だと、連戦の最後で疲れてる名古屋が、内容はともかく、なんとか引き分けを拾った試合かな、と思ってたが、前半の展開なんかを見ると、必ずしもそこまで名古屋が劣勢だったわけではなくて、状況次第では勝ちも見込めた試合だった感じ。思いがけない形での先制点で、ちょっと気持ちが緩んじゃった所も、あったのかも知れないな。
にしても、大したプレーはない代わりに、ひどいミスもそれほど目立たず、大宮戦や磐田戦よりも、内容的にはむしろいいくらいだったんじゃないんだろうか。一概に、連戦で疲れてるからダメというもんでもないらしい。うちのチームの最大の課題は、フィジカル以上に、やっぱり、メンタルなんじゃないかと思う。
(2009.5.31)

|

« JFL前期第10節町田対長崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(5/15) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45756518

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第11節神戸対名古屋:

« JFL前期第10節町田対長崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(5/15) »