« セリーグ ヤクルト対阪神(5/15) | トップページ | 感想「大宮アルディージャの反逆」 »

J1リーグ第12節名古屋対大宮

2009.5.16(土) 13時 豊田スタジアム

明らかに名古屋優勢で始まった試合だけど、開始4分、深いとこでのパクのロングスローを受けた(DFがカットし損なった)藤田がそのままシュートしたら、入っちまいやんの。出端を挫かれたのか、時間が早過ぎてぴんと来なかったのか、先制されても、名古屋は全然ペースが上がらないし、むしろ大宮のうやむやな試合運びに段々取り込まれて、ほとんど何も出来ないまま前半終了。
大宮の先発は、さすがに土岐田の右SBは諦めて波戸を入れてきていて、左SBはパク。これでバックラインがある程度安定したし、左サイドにデニス・マルケスを入れたことで、攻撃の威圧感も増していた感じだった。というか、前半のうやむやっぷりは、それこそ去年までの大宮スタイルで、結局ここへ戻って来るんだな、と思ったんだけど、後半に入ると、むしろこぼれ球を拾っての積極的な仕掛けが目立ち始め、前半はやっぱり必ずしも張外龍の意図する形じゃなかったのかなという気がした。
段々焦ってくる名古屋の連携の乱れを突いて(焦る前から乱れ放しだった気もするが(^^;))、決定的なスルーパス、シュートが続出。でも、それを決め切れないのが、今の大宮。楢崎も奮闘していたけどね。そうでなければあと2点くらいは取れてたかな>大宮。
名古屋は後半頭から杉本に替えて巻、さらには津田を投入してパワープレー。次第にそれが効き始めて75分くらいからは押し込み放しになり、84分にとうとう、ダビがこぼれ球を押し込んで同点。というか、シュート自体もこぼれ球のような球筋で…(^^;)。その後も押し続けたけど、そのままドロー。

このところの大宮のチーム状態を考えたら、名古屋は勝たなきゃいけない試合だったはずだが、結果的には負けなくてよかった、という試合だったね。まあ、あんなぐだぐだな試合をやってて、勝ち点3なんてバチが当たるわ。
もっとも、前半、大宮にこの調子でやられたら、2年前の駒場で、サーレスのまぐれ当りの一撃を食らった後、うやむやで逃げ切られたやつの再現かも、と思ってたんだが、後半、大宮が前へ出て来てるから、これなら何とかなるかもなと思った。一応、その通りにはなった。もちろん、ナラが止めてなかったら張外龍の思い通りだったわけだが。そこが今年の大宮の難しさじゃないか、とも思った。
大宮は、取りこぼした勝ち点2だろうけど、布陣や戦い方に少し幅を見せたことで、ちょっと、チームの勢いは良くなるんじゃないかな。
  20090516board
  20090516flag
  20090516fukei

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(5/15) | トップページ | 感想「大宮アルディージャの反逆」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45100426

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第12節名古屋対大宮:

« セリーグ ヤクルト対阪神(5/15) | トップページ | 感想「大宮アルディージャの反逆」 »