« J1リーグ第13節大宮対浦和 | トップページ | 感想「ストリップ・ティーズ」 »

J1リーグ第13節磐田対名古屋

2009.5.24(日) 16時 ヤマハスタジアム

相変わらずスローペースの名古屋だったが、磐田も水曜の大宮戦で見せた巧みなパス回しなんか全然なくて、名古屋同様、まるでぱっとしないサッカー。名古屋の方が守備の連携に乱れが目立って、そこを突かれて危ない場面は多かった気がするけど、磐田はシュートを打っても満足に枠に飛ばない。水曜の大宮戦でもそうだったけどね。
スコアレスドローの気配が濃厚になっていた80分過ぎ、小川が2回目の警告で退場。名古屋は押し込まれ気味になり、FKを与えると、そこから那須のゴールが生まれて磐田が先制。名古屋は阿部を下げて杉本を投入するギャンブルに出るが、守備が薄くなった所にカウンターを食らい、成岡のゴールで2失点目。そこから終了に向けては、逃げ切りたい磐田がバタバタになって、ファールが続き、名古屋は玉田のFKからダヴィが決めて1点差にして、さらに決定的なシュートを3本くらい放ったが、決め切れなかった。1対2で敗戦。

磐田の優勢勝ちだったかなとは思う…。名古屋は大宮戦よりはまだマシだったか、という程度のていたらく。決定機の起点はほぼ阿部のクロスに限定され(大宮戦は、阿部が主税にフタされて、それすらなかった。それを見ていて、主税って、やっぱ大したもんだわと思ったわけで。シュートは外し倒してたが)、あとは、それを受ける巻の身体を張ったプレーが目立ったくらい。巻は水曜の北京でもフルタイムで頑張ってたのに、よく保ったよな。
ミス続発、連携はボロボロ。積極的に攻める意欲もあまり感じられず。このチーム状態を、インターバル中に立て直せればいいが(過去はたいてい失敗してるが)。まあ、マギヌンが戻ってくれば、いくらか変わるかも知れないが。
  20090524board
  20090524fukei
  20090524maskot

|

« J1リーグ第13節大宮対浦和 | トップページ | 感想「ストリップ・ティーズ」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45120797

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第13節磐田対名古屋:

« J1リーグ第13節大宮対浦和 | トップページ | 感想「ストリップ・ティーズ」 »