« ACLグループL第6節 北京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節磐田対名古屋 »

J1リーグ第13節大宮対浦和

2009.5.24(日) 16時 NACK5スタジアム大宮 

JSPORTSの録画中継の録画で見た。

大宮視点で見ると、リーグ戦のこの前の試合の名古屋戦が、かなりかぶって見えた。浦和の圧倒的優勢で始まりながら、序盤に、パクが左サイドを上がって、入れたクロスが坪井に当ってゴールに入ったラッキーな先制点。その後は、押されながらも自陣のスペースを潰し、浦和にパスの出しどころ、攻撃の組立て場所を作らせずに凌ぐ。浦和は名古屋よりも、ずっときっちりと攻撃を組立ててきていたけれども、時間が早かったせいか、そんなに速いペースの仕掛けはなく、素早く揺さぶられると脆い、うやむやな大宮のディフェンスも充分機能していたし、名古屋戦では前半はあんまり目立たなかったカウンター攻撃も、早い時間からかなり仕掛けていたから、名古屋戦をベースにして、この試合の戦略を組立ててきたのかな、という気もした。しかし、前半30分過ぎに、CKからのマトのシュートが枠を叩き、そこから始まった攻撃(これもカウンターの速攻ではなく、遅攻だったんだが)から、細貝に同点ゴールを決められた。きっちり打ったシュートではあったけど、そんなに強いシュートじゃなく、コースが良かった、という感じのゴールで、マトのゴールが決まらなかったことも含めて、大宮的にやや運がなかったなという気がする。
名古屋戦に比べれば早い時間に同点になったことで、大宮の攻撃の意識は結構強かった感じで、全体的には浦和に試合を支配されつつも、後半はカウンター攻撃が結構炸裂していた。ただ問題は、これも名古屋戦同様、シュートが決まらず、勝ち越せない。後半半ばくらいからは、浦和も前掛かりが顕著になってきて、行ったり来たりのカウンターの応酬みたいになったが、浦和のシュートも枠にはじかれたりして決まらず、結局そのままドロー。

少なくとも後半の前半までは、浦和が圧倒的に優位な試合だったので、大宮にとっては、引分けで充分な試合のように思えなくもないが、カウンターからあれだけ決定機を作った以上、やっぱり決めなきゃ、とも思う。名古屋戦を引分けていることでもあるし、チームとしては勝っておくべき試合だったんじゃないか、という気はする。
(2009.6.2)

|

« ACLグループL第6節 北京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節磐田対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45757025

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第13節大宮対浦和:

« ACLグループL第6節 北京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節磐田対名古屋 »