« J1リーグ第8節大宮対山形 | トップページ | 感想「死への旅券」 »

J1リーグ第9節京都対名古屋

2009.5.2(土) 16時 西京極

JSPORTSの録画中継を録画して見たもの。

シュート数2本で勝ったってのは、Jリーグ最少なんだそうで、そんなに劣勢だったのか、と思ったが、そういうわけでもなく、守り合いの試合展開で、名古屋があんまり積極的に打ってかなかったからだね。京都も11本といっても、ミドルばっかりだったし。2-3本、枠を捉えた強いやつがあったけど、ナラが無難に捌いた。展開的には五分五分で、京都の方が積極的にシュートしてた分だけ、事故で点になることもあり得たから、やや押してたとも言えるのか? でも、前半終了近くに、直志のパスから外に開いた杉本が中に折り返して、ダヴィが押し込んだ先制点を守り切った名古屋が勝ち。
見る前は、シュート数の少なさから、凡戦か?と思ったが、双方、厳しさがあり、地味ながらも見ていてそれなりに面白い試合だったと思う。

初先発でボランチ起用の福島は、序盤は場所を潰してるだけという感じだったけど、だんだん組立てにも入れるようになったし、悪くない出来だった気がする。田口は、よくわかんなかった。
杉本は、持ち味が生きない試合展開で、ほとんど消えてた気がするんだけど、ダヴィへのアシスト1本で、とりあえずOKかな(^^;。
(2009.5.6)

|

« J1リーグ第8節大宮対山形 | トップページ | 感想「死への旅券」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44924968

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第9節京都対名古屋:

« J1リーグ第8節大宮対山形 | トップページ | 感想「死への旅券」 »