« 感想「死への旅券」 | トップページ | J1リーグ第10節大宮対大分 »

J1リーグ第9節東京対大宮

2009.5.2(土) 19時 味の素スタジアム

大宮はかなり選手が入れ替わっていた。前節(未見)の大敗のあと、監督が大幅な選手の入替えを示唆していたというんで、そういうことかな、とは思ったんだけど、中盤から前はともかく、あまりにも結果が期待出来ないバックラインだった。村山は右ならともかく、左SBだと全然ダメだし、片岡がCBに入ると大体失敗するのも、去年までに経験済だし、今年目立ってる土岐田の右SB起用に至っては、相変わらずわけわかんないまま。4バックで信頼出来るのがマト一人じゃあ、結果は知れてる。案の定、開始4分でカウンターから石川に先制ゴールを決められ、その後もほぼ一方的に球を回されまくり、シュート打たれまくり。東京の絶望的な決定力の無さにすがって、なんとか持ちこたえてたが、25分にまた石川。惨敗必至と思えたが、36分に内田がFKを直接放り込んで1点差にする。段々分ってきたのは、東京も攻め込まれると脆いということで、必要以上にバタバタしてファール→FKという流れが、これ以降、頻出した。
後半に入ると12分に石川にハットトリックになるミドルを決められ(後で映像を見たけど、ここもディフェンダーが挟んで居ながら、見てるだけで全然プレッシャーを掛けてなかったな)、さすがに終わったかなと思ったが、22分にFKからCKを得て、パク・ウォンジュが蹴ってマトが決める。わかんないかも、という雰囲気になったが、結局、大宮には流れから崩していく力が欠けていたので、やっぱり主導権は握り辛い感じ。セットプレーからのシュートもこれ以降は不発で、そのまま東京に逃げ切られた。

展開的に妙に盛り上がった試合だったが、内容的には双方ボロボロだった気がする。まあ、東京の石川だけは切れまくっていて凄かったけど。大宮でそこそこ良かったのは、内田のFKと、パク・ウォンジュに巧さが見えたことくらいかな。江角もよくやってたが、石川にだけは通用しなかった感じ。
張外龍は、自分のスタイルに信念を持ってるのはいいけど、去年までの積上げを、少し軽視し過ぎてるような気がする、

  20090502board
  20090502flag
  20090502end

|

« 感想「死への旅券」 | トップページ | J1リーグ第10節大宮対大分 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/44879666

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第9節東京対大宮:

« 感想「死への旅券」 | トップページ | J1リーグ第10節大宮対大分 »