« 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/27) | トップページ | 感想「愚者が出てくる、城寨が見える」 »

感想「エッグ氏、ビーン氏、クランペット氏」

「エッグ氏、ビーン氏、クランペット氏」 P・G・ウッドハウス 国書刊行会
ウッドハウスの非ジーヴスもの短編集。タイトルはどういう意味なんだろうと思っていたが、クラブに集まる人々を、頭の形で表現したものらしい。「卵頭氏、豆頭氏」みたいな感じのようだ。
幾つかのシリーズものの短篇を集めた構成なので、作品によって多少目先は変わるが、基本的にはどれも似たような趣向ではある。まあ、ウッドハウスに期待しているものは、シリーズが何でも同じなんだから、それでいいわけだ。
それでも1冊まるごとが固定されたシリーズキャラクターでなく、非シリーズものも含まれているので、キャラクターよりもプロットに目が行く度合いが強い感じ。うまく組立てられている話が多く、結末に予想はついても、面白く読まされる。
毎度のことながら、粗製乱造気味の翻訳は、あんまりいただけない。いろいろ調べている努力は買うにしても。もっとも、これくらいのレベルの翻訳は、他にもいくらもあるけども。

|

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/27) | トップページ | 感想「愚者が出てくる、城寨が見える」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45175064

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「エッグ氏、ビーン氏、クランペット氏」:

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/27) | トップページ | 感想「愚者が出てくる、城寨が見える」 »