« 交流戦 ヤクルト対西武(6/20) | トップページ | 感想「JR全線全駅下車の旅」 »

J1リーグ第14節大宮対京都

2009.6.20(土) 18時 NACK5スタジアム大宮

テレビ埼玉生中継の録画。

大宮の布陣は藤田を前に置いて、石原と土岐田が脇を固める3トップぽい感じで、そこへ後ろからどんどんロングボールを放り込んでいく、速攻のコンセプトを再確認したような試合運び。それがハマって、大宮優勢の展開になってた感じ。開始早々、ディエゴとの接触プレーで、この日はボランチの片岡が、痛んで斉藤に代ったが、特に変化もなかった。京都は割と雑に当ってくるプレーが多くて、それで主審の高山が神経質になってた面はあったかも知れない。15分に土岐田が倒されて得たFKをハヤトが蹴って、冨田→マトで先制。
前半終了間際、競合いで石原が京都のCB李正秀に飛び蹴りするような形になり、石原のファール。李は特にダメージはなかったぽいが、おい!みたいな感じで石原を軽く突いたら、石原はぶん殴られたような勢いで倒れた。高山は猿芝居にあっさり騙されて李に一発レッド。おいおい(^^;)。

後半立上がり、豊田がドリブルで仕掛け、ペナルティに入った所で塚本に倒されPK。ディエゴが決めて同点。
大宮は数的優位だし、元々押していた展開だったが、同点になってから例によって決め手のないまま推移。30分頃、ゴール正面で土岐田が倒されてFK。塚本が直接決めて、これが決勝点になった。
今のチームでは主税が、試合を組立てられる唯一の存在だから、彼を出場停止で欠いて出来る試合は、まあ、こんなもんだろう。それを考えたら大宮にとっては、悪くない試合だったんじゃないかな。高山の援護(^^;)があったにしても。
塚本が自責点をFK直接で取返したのは、4節の柏戦に続いて2度目。取返すだけマシではあるが、自責点の多いDFてのもね…。ネタ的には、またやってくれ、てなもんだが、いつまでも変らないようなら、いずれ出番はなくなるだろうからな。
(2009.6.25)

|

« 交流戦 ヤクルト対西武(6/20) | トップページ | 感想「JR全線全駅下車の旅」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45468241

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節大宮対京都:

« 交流戦 ヤクルト対西武(6/20) | トップページ | 感想「JR全線全駅下車の旅」 »