« セリーグ 巨人対ヤクルト(6/26) | トップページ | 感想「死せる案山子の冒険」 »

J1リーグ第15節千葉対大宮

2009.6.27(土) 16時 フクダ電子アリーナ

BSTBSの生中継。

大宮は主税が出場停止が明けて、パク・ウォンジェも故障明けとかで復帰。テクニックのある選手が両サイドに入ったことで、前節に比べて、試合運びはだいぶ幅が出来てた感じ。立上がりはちょっと千葉に押されたけど、次第に巻き返して、そのうち押し放しになった。前半の最後の方、押し込んだ状態から、パクが左から入れたボールを藤田→石原→ポスト(^^;→藤田で先制。
後半も流れは変わらず、攻勢を続けつつ、主税は惜しい止りのシュートを放ち続け、他の選手のシュートもゴールの枠に当り続けたが、終盤に来て、主税の素早いFKのリスタートに反応して、ゴール前へ抜け出した藤田が蹴り込んで2-0。最後の方には、パクの抜け出しで、千葉のボスナーが退場に追い込まれるファールを犯す場面もあるなど、大宮の完勝。今節は文句の無い勝ちだと思う。

それにしても、前節のことを考えると、千葉がなんであんなにスピードが無かったのか分からない。名古屋に勝って、ほっとしちゃった? まあ、大宮の2トップは、J2上がりで、少なくとも走り続けるとか、精力的に動くとかいう点に関しては、そう簡単には揺るがないし、それはある意味、名古屋の対極だから。油断したかもね。
そういやあ、今節はミシェウが不在だった。くっそー。

|

« セリーグ 巨人対ヤクルト(6/26) | トップページ | 感想「死せる案山子の冒険」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45472332

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第15節千葉対大宮:

« セリーグ 巨人対ヤクルト(6/26) | トップページ | 感想「死せる案山子の冒険」 »