« 交流戦 ヤクルト対楽天(6/6) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/7) »

ナビスコ杯予選L第6節大宮対横浜

2009.6.7(日) 14時 NACK5スタジアム大宮 

大宮の先発はトミダイが復帰するなど、去年を思わせるメンバーと布陣。前の試合で広島に大敗した影響なんだろうけど、それで監督が折れたのか? それはそれで、中途半端な感じがするけど。
それでも、トミダイは気合入ってたし、ボランチに入った片岡も、最終ラインでの重荷が取れたような、ミスはするけど(^^;)、溌剌とした持ち味の出たプレーは出来てたと思うから、これはこれで少なくとも安定感はあるよなと思ってた。そして、28分に主税が左からゴール前に入れて行ったボールが、松田のオウンゴールを誘発して先制。
でも、33分に渡邊のシュートを高木が止めたこぼれを山瀬に決められてさっくり追いつかれ、前半終了間際には渡邊に決められ逆転。後半も押され気味だったが、20分くらいに村山のパスを右に出て受けた主税がクロスを入れて、藤田が決定的なシュート。GKに惜しくも弾かれた。ここが分かれ目になった。
17 分にデニス・マルケスを下げてからの藤田と主税のツートップは悪くない感じだったが、結局得点はなし。逆に30分に、GK高木が狩野にパスする大チョンボ。けり込まれて1対3になり、それでおしまい。高木は危険なシュートをいっぱい止めて、大活躍してたが、あれ一つで全部台無しだったな。
バックラインはセンター2枚にそれなりに安定感はあったが、マリノスに3トップ気味に揺さぶられると対応出来なかった感じ。
大宮は、去年に近い布陣に戻すにしても、大悟は居ないし、内田は壊れてるし、慶行には逃げられ、ラフリッチは? 今の状況では、パーツが不足してるから、結局ただの戦力の乏しいチームになるだけ、というのが、この試合を見てて分った感じ。戻すんなら、もっと早く戻すべきだったし、ここまで来たんなら、むしろ監督は意志を貫くべきだったんじゃないんだろうか(どういう経緯だったのかは知らないが)。ゴール裏に監督批判の横断幕も出たみたいだし、大宮には珍しく、かなり荒れそうな気配がする。
  20090607dai1board
  20090607dai1fukei
  20090607dai1end

|

« 交流戦 ヤクルト対楽天(6/6) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/7) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45280451

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第6節大宮対横浜:

« 交流戦 ヤクルト対楽天(6/6) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/7) »