« 感想「遺志あるところ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対楽天(6/6) »

U20世界ラグビー選手権Round1

2009.6.5(金) 秩父宮

雨が降ってて、隣の神宮は中止になっちまうかも知れないな、と思ったこともあり、こちらへ行くことにした。物珍しさもあったので。もっとも、世界大会とはいえ、雰囲気はいつもの秩父宮と大差なかった気がする。
あと、考えてみると、秩父宮でナイトゲームを見るのは初めてだった。

  20090605soto

第1試合 1700

  サモア 17−14 スコットランド

雨のせいで、ハンドリングのミスが多発したのを差し引いても、随分まったりした試合に見えた。スコットランドが立上がり、リズムを掴めないうちに、サモアが畳み掛けて、早々にトライで先制したが、サモアは個人能力頼みなきらいのある大雑把な(^^;)戦い方が災いしたみたいで、次第に堅実なプレーをし始めたスコットランドに巻き返され、 PG3本で逆転され、トライまで決められて7対14。しかし、後半半ばからの選手の入替えが功を奏した感じで、疲労で落ちていた動きの速さが戻り、主導権を奪い返して、後半18分にトライで追い付いた後は押せ押せ。36分のDGが惜しくも外れて、引分けかと思ったが、ロスタイムに再度放ったDGが決まって、劇的な勝利。少なくとも最後は盛り上がった(^^;)。

  20090605dai1

第2試合 1900

 イングランド 43−0 日本

入って来た選手を見ると、身長はともかく、体格が子供と大人みたいな感じ。立上がりはホームの声援を受けた日本が、スピード感のあるラグビーで威勢良く仕掛けて行ったが、 14分過ぎに速攻に対応出来ずにあっさりトライを許すと後はズルズル。まあ、体格で劣るし、力の差は如何ともし難かったとは思うが、あまりにもつまんない自滅的なミスが多過ぎて、早々に雰囲気も冷えちゃった。ちょっと内容的に酷過ぎた気がする。日本ではU20てのが、メンバー編成的に難しいのは分かるけども。最終スコアは 、もっと大差でもおかしくなかった。まあ、イングランドは2度もシンビンを食らって、4分の1は14人で戦っていたんだけども。
(追記:スタジアムでは気付いてなくて、記録を見てて分かったけども、イングランドの後半開始直後の退場はレッドカードだったようだ。ということは、後半はフルタイム14人以下(途中、イエローカードでの10分退場があったから、その間は13人)だったということか)

  20090605dai2

|

« 感想「遺志あるところ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対楽天(6/6) »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45250329

この記事へのトラックバック一覧です: U20世界ラグビー選手権Round1:

« 感想「遺志あるところ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対楽天(6/6) »