« J1リーグ第15節新潟対名古屋 | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対鹿島 »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/1)

2009.7.1(水) 13時 戸田

1時半過ぎに到着。
  20090701fukei
土手を歩きながら、巨人の3回表の攻撃が見えていて、外野フライ2つで2死。着くと打順は9番の円谷。ってことは、ここまで村中は走者を出していなかったのか? まあ、併殺もあるので一概には言えないけど、悪いピッチングをしてたわけではなさそうだなと思って。なのに、いきなり円谷にストレートの四球。さらに連続四球で2死満塁。3番中井に対してもボール先行。カウント2-3までこぎ着けたが、そこでバックスクリーンにぎりぎりで飛び込む満塁ホームランを打たれた。1回裏に1点先行していたが、あっさり逆転。
打線は5回裏に木佐貫を攻めて、1死満塁から志田の2点タイムリーで1点差としたが、この時、1塁走者の上田がオーバーランで2塁でタッチアウト。続く三輪も倒れて3対4止まり。
6回表は山田が登板したが、アルフォンゾにツーランを食らって、また3点差。7回表は加藤が登板し、2安打と犠飛で1失点。8回表は八木が小田嶋に一発食らった上に、3四球と犠飛で、2失点。打線が木佐貫→深田→マイケルの継投をいまいち攻略出来ないうちに、ぽろぽろ失点を重ねて3対9。
それでも9回表を橋本が三者で切り抜けると、その裏、栂野から上田のタイムリーと三輪の犠飛で2点返したがそこまで。
  20090701end
見せ場はないでもなかったが、ピッチャーが悪すぎた。まあ、勝ちに行く投手起用ではなかったな、と思うけど、一様にまだまだ感が有り過ぎで。故障明けの村中、若手の山田・高卒新人の八木はともかく、まだ2年目とはいえ、大卒で年が行ってる加藤はさすがに、この調子では結構やばいんじゃないかな。
  20090701back

|

« J1リーグ第15節新潟対名古屋 | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対鹿島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45540116

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/1):

« J1リーグ第15節新潟対名古屋 | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対鹿島 »