« ナビスコ杯準々決勝第1戦東京対名古屋 | トップページ | 養老天命反転地 »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/16)

2009.7.16(木) 13時 戸田

戸田でプレイボールから見てた3連戦3日目。イースタンで3連戦全部行ったのは初めてかもしらん。元々1軍にくらべると、きっちり3連戦てのが少ないし、平日の昼に3日間、まるまる行ける状況と重なるのは難しい。

日高が先発だったが、立上がり不安定で1死1-2塁からムニスにタイムリーを打たれて失点。さらに神戸にスリーベースを打たれて、この回3失点。2回にも根元の犠飛で1失点。3回4失点。球が高めに浮き気味で、そこが打ち頃になっちゃってた感じ。ここ1週間で見た高卒トリオの出来は、赤川が一番で日高と八木はどっこいどっこいかな。
打線は、1回裏に、ロッテの先発手嶌を打って、斉藤のタイムリーで1点返し、さらに1死2-3塁だったが、攻め切れず1点止まり。3回にも2死1-3塁まで行ったが攻め切れず。
4回表は吉川が登板して、新里のスリーベースを塀内にタイムリーで返され、6回表はバレットが登板して、四球で出塁の定岡を盗塁、根元のタイムリーで返され、1対6。
6回裏、4回から登板した服部をようやく攻略して、2死1-3塁から中尾のツーベースで1点返し、代わった高木から上田のスリーベースでもう2点。7回には2死1-3塁で打順が回った三輪が、本領発揮で3塁線にセーフティバントを決め、さらに1点。
  20090716takagi
8回裏、ロッテのピッチャーは根本。四球とヒットで無死1-2塁から米野バントで1死2-3塁。続く鬼崎は、正直、期待してなかったが(7月に入ってから見た試合で、ここまで15打数1安打だったからなあ)、3塁方向に打った当りは、サードベース前で大きくバウンドしてレフト前へ転がるラッキーなヒット。2者還って逆転、9回表は花田が3人で仕留めて勝利。
  20090716end
3試合目が一番まともな接戦だった。勝ててよかった。ロッテ的には6回7回の高木が失敗だったかな。ヤクルトから移籍して投げるのを見たのは初めてだったかも。懐かしかったけど、まあ、こんなもんだろうな、という結果だった気がする。
  20090716fukei

|

« ナビスコ杯準々決勝第1戦東京対名古屋 | トップページ | 養老天命反転地 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45650486

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/16):

« ナビスコ杯準々決勝第1戦東京対名古屋 | トップページ | 養老天命反転地 »