« J1リーグ第18節名古屋対京都 | トップページ | 感想「タンゴステップ」 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/20)

2009.7.20(月・祝) 13時 戸田

  20090720fukei
先発は高木で、15日にリリーフで出て、2イニングを好投したのを見ているから、それなりのピッチングは期待出来るのかなと思った。初回はすんなり3人で終わったが、2回に平尾にバックスクリーンに放り込まれて0対1。その後も、毎回ヒットを打たれたが、要所は締めて、5回1失点で降板。
西武の先発は木村。2回裏に斉藤のツーベースを森岡がタイムリーで返して同点、3回裏には中村がレフトへホームランで逆転したものの、それ以外は6回まで、ほとんど付け入る隙がないようなピッチングをされていた。でも7回に疲れが出たみたいで、いきなりストライクが入らなくなり、四球ふたつで1死1-2 塁の後、梶本のタイムリーでまず1点。森岡のツーベースでさらに2点挙げて、突き放した。
投手陣は6回を松井、7-8回をバレットが完璧に抑え、9回も鎌田がヒット2本は打たれたものの、凌ぎ切って5-1のまま終了。
  20090720end

久々にプレーしてる所を見た大塚。7回に代走で出て、8回には打順も廻ったが中飛。ちなみにDHの打順だったので、守備機会はなし。
  20090720otsuka
  大塚を打ち取ったのは、今季西武へ移籍してから初めて見た上原だった。
  20090720uehara

|

« J1リーグ第18節名古屋対京都 | トップページ | 感想「タンゴステップ」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45688820

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/20):

« J1リーグ第18節名古屋対京都 | トップページ | 感想「タンゴステップ」 »