« 感想「白鳥の歌」 | トップページ | JFL後期第1節高崎対刈谷 »

J1リーグ第16節名古屋対大阪

2009.7.5(日) 18時 豊田スタジアム

JSPORTSの録画中継を録画で見た。

増川が出場停止なのは知ってたし、マーヤが故障ってのも後で聞いて、バックラインがこういうメンツなのは知ってたが、阿部がCBだと思ってた。一昨年の後半はCBでレギュラーだったし。佐藤がCBで阿部は左SBだったのか。確かにその方が攻撃力は落ちないわな。佐藤が持ちこたえられるかどうかが鍵だったろうけど。
立上がり、その佐藤と竹内のCBの間をレアンドロに立て続けに狙われて8分に失点したし、その後も結構脅かされていたけど、まあなんとか。竹内はよくやってたし、佐藤もまずまず頑張ってた感じ。ガンバはいまいち怖さのない攻撃だった気がする。前はレアンドロに任せっきりみたいな感じで。あれでツートップでがんがんかき回されたら、結構キツかったんじゃないんだろうか。

名古屋はここ数試合を考えたら、攻撃がかなりうまく行ってた印象。特にマギヌンが新潟戦の汚名挽回でキレまくってた感じだったのと、玉田もあちこちでいい絡み方をしてたように見えた。ただ、中盤5枚でダヴィの1トップで、やっぱり前が薄い感じだったのかな。CBが急造ということも考えた厚い中盤で、それでガンバの前へ出る勢いを削げていたのかもしれないけど。

前半終了間際、ダヴィが裏へ抜けてペナルティに入った所で、松代が飛び出して来てダヴィを倒してPK。ダヴィが自分で決めて同点。
後半はガンバも前半よりも攻撃的に来て、攻守の入れ替わりの激しい試合になってたが、互角以上に渡り合えてた感じ。終盤、マギヌンのポストを叩いたミドルとか、玉田の惜しいシュートなんかもあって、それでも押し込み切れないもどかしい展開だったが、終了寸前、松代のミスパスを交代で入ったばっかりの巻が奪って流し込んで勝ち越した。

松代の自責点2みたいな印象はないでもないけど(^^;、決まっててもおかしくないチャンスをそれなりに作った試合だったし、内容的にも悪くなかったから、これはこれでいい試合だったと思う。続けられるといいんだけど。
(2009.7.11)

|

« 感想「白鳥の歌」 | トップページ | JFL後期第1節高崎対刈谷 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45647446

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第16節名古屋対大阪:

« 感想「白鳥の歌」 | トップページ | JFL後期第1節高崎対刈谷 »