« J1リーグ第18節大宮対FC東京 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/20) »

J1リーグ第18節名古屋対京都

2009.7.18(土) 19時 豊田スタジアム

内容的には、攻撃の形はちゃんと作れてたし、守備のミスらしいミスもほとんどなくて、圧倒的に優勢な試合運びで、ここんとこ見た試合の中では一番だったと思うし、引分けとはいえ、悪くない試合だったんだろうなとは思うんだけど(京都は中一週間空いていて、名古屋は日曜と水曜にFC東京相手に苛酷な連戦だったことを考えれば、なおさら)、なんか釈然としなかった。
ケネディがきっちり効いて、前半終盤に先制したところまではいいんだけど、後半、2点目を取りに行く所で、(いつものように)手間掛け過ぎて、チャンスを潰して、というのが目に付いたように思える。フィニッシュまで行って、決まっててもおかしくなさそうなやつも、依然として運がないみたいで、決められてなかったから、慎重になる気持ちも分からないではなかったけど、もたついて2点目が取れないでいると、ぽろっとやられちゃったりするんだよな、と思ってたら、PKでその通りに。
PKに関しては、遠くから見てたし、実際どうなのかはよくわからん。ピクシーもナラも不満を言ってるけど。ただ、あそこの時間帯は、流れ的に嫌な感じだったのは確かで、守備がバタバタになりかけてはいたよな。
まあ、PKを取られちゃう所も含めて、やっぱり流れが来てないということなんだろう。どこでそれを抜けられるか、だなあ。

最後の方は、もう1点取りに行くという気持ちはあったと思うし、惜しいシュートもあったけど、疲れ切った感じで動けなくなってた。試合後はほとんど全員座り込んでいたから、しんどかったのは分かるんだけど、FC東京戦で、あんまりにもヒドイ試合を2試合見た後だから、これだけ優勢な試合で勝たなくてどうするよ、という気持ちが先に立って、試合後はスタンドから大きな拍手だったけど、自分は拍手しようという気にはならなかった。見ていて、この布陣でこの戦術でも、東京が相手だったら、このスピード感ではまた惨殺だったんじゃないか、という気がしたし。内容的に良かったという点についても、低調な京都が相手だったから、というのは否めないと思う。こういう勝てそうな試合に確実に勝っておかないと、どんどん厳しくなっていく。次の浦和戦てのが、また勝ち目が薄そうだしさ。
  20090718board
  20090718start

試合後、ダヴィがゴール裏に挨拶に出向いていたな。結局のところ、本人の気持ちはどういう所にあったんだろう。年俸2億円が魅力でないわけはないし、ここんとこチームと噛み合わなくなってきていたから、潮時だったと思ってるが、今年、ダヴィの力で勝ってきた試合がいくつもあったのは間違いないし、それについては感謝してるよ。
  20090718davi

|

« J1リーグ第18節大宮対FC東京 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/20) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45683214

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第18節名古屋対京都:

« J1リーグ第18節大宮対FC東京 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/20) »