« 養老天命反転地 | トップページ | J1リーグ第18節名古屋対京都 »

J1リーグ第18節大宮対FC東京

2009.7.18(土) 18時 NACK5スタジアム大宮

テレビ埼玉の生中継の録画で見た。
一貫して東京が優勢ではあったけど、0対3というスコアほど、一方的に大宮がやられたという感じの試合じゃなかった。
思うに、大宮は新戦力のFW・ドゥドゥの不発が痛かった。プレーそのものはそんなに悪くなかったかも知れないけど、速攻主体の大宮の攻撃の戦術には、全然フィットしてなかった感じ。それを感じ取ってだろうけど、前半の最後に、早々にこれも新戦力のソ・ヨンドクに入れ替えたが、直後、入替のシステムが落ち着かないうちに、今野のロングボールからゴール前で平山→カボレ→羽生とつながれて、最後は平山。ロスタイムの失点で0-1で折り返し。
後半21分には、CKからカボレ?のシュートがバーで跳ね返った所を今野に押し込まれる。この辺はいかにも、勢いのある今の東京という感じ。後半ロスタイムには、カウンターから鈴木のスルーパスで平山。まあ、これは0-2で負けてて、攻めに行ってる所だから、しょうがないかもな。そこをきっちり決めてくるってのも(直前の名古屋戦を思い出したが)、東京の勢いだろう。ただ、石川がいいシュートを放ちながらも決められてないあたりを見ると、そろそろ鈍り始めているのかもしれない、という気はした。今節、広島と引き分けたことでもあるし。

後半の大宮は実質、石原の1トップぽくて、前の薄さが得点の可能性の薄さに直結してた印象。そういう意味でもドゥドゥがね。ちなみに、この後、さっそく故障して離脱したみたいだが。大宮のハズレ・ブラジル人FWの系譜を継ぐのかな?
ソ・ヨンドクの方は、惜しいミドルも放っていて、若々しい勢いのある選手という感じだった。
(2009.7.26)

|

« 養老天命反転地 | トップページ | J1リーグ第18節名古屋対京都 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45756213

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第18節大宮対FC東京:

« 養老天命反転地 | トップページ | J1リーグ第18節名古屋対京都 »