« J1リーグ第16節名古屋対大阪 | トップページ | 感想「「アラブ海賊」という神話」 »

JFL後期第1節高崎対刈谷

2009.7.5(日) 13時 群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場 曇

初めて行く前橋・敷島開催のアルテのホームゲーム(敷島自体は行ったことがあるが)。刈谷でのアマラオ復帰に釣られたわけではないけど、見に行く意欲は上がったな(^^;)。

去年までと様変わりして今期絶好調なアルテは、いったい何が変ったんだろうと思ってた。立上がり、サイドを使った結構格好いい攻撃をしてたから、なるほどと思ってたんだけど、FWを走らせながら早めに前に入れて来る刈谷の攻撃に、守備が段々バタバタになったから、去年までと変わんないなあと思い始めた。それでも押され気味の中、34分にCKから先制点を決め1対0で折返し。
前半は、17位の刈谷の方が6位のアルテより、いい感じで試合してたと思うが、後半に入ると、刈谷の動きが落ちたこともあって、互角っぽい戦いになってた感じ。そして、後半20分にアマラオ登場。なめらかな動きだったけど、さすがにスピード感はなかった気がする。
後半28分、アルテがFKから追加点。さらに43分にもFKからトドメのゴール。セットプレーからの得点力の高さが好調の秘訣なのかな。守備陣もアマラオを徹底的に封じ込め、完封で3対0。アルテのこんな完勝を見たのは初めてだ。

アルテのGK田中が性格悪いし、ネタ満載で、すげー面白かった(^^;)。FWの久保田も巧いし競合いに強いし、プレーも気が利いていて、見ていて面白かったな。刈谷はある意味、愚直なサッカーで、そういう意味でもアルテの勝ちだったかなと。もしや、後藤義一と浮氣哲郎の持ち味の差かも(^^;)? 後藤の甲高い声が懐かしかったな。
  20090705board
  20090705end
  20090705amalao
  20090705fukei

|

« J1リーグ第16節名古屋対大阪 | トップページ | 感想「「アラブ海賊」という神話」 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/45551209

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第1節高崎対刈谷:

« J1リーグ第16節名古屋対大阪 | トップページ | 感想「「アラブ海賊」という神話」 »