« 感想「冷戦交換ゲーム」 | トップページ | J1リーグ第24節大宮対鹿島 »

セリーグ ヤクルト対中日(8/29)

2009.8.29(土) 18時 神宮

プレイボールから見ていた。
  20090829start
ヨシノリと小笠原の投げ合い。ヨシノリは結構いい立上がりに見えたんだが、2回裏にガイエルがライトスタンドに突刺して、1点先行したら、急におかしくなった。ストライクが入らん。3回は2四球出しつつ何とか凌いだが、4回も先頭の森野に四球。続くブランコは何とかライトフライに打ち取ったと思ったが、ガイエルが届かない(記録はエラー)。無死2-3塁になって、そこから2失点は、ある意味しょうがないと言えなくもないが、さらにランナーを溜めて、ピッチャーの小笠原にタイムリー打たれて3点目ってのはいただけない。ガイエルのエラーだって、ブランコの当り自体は良かったわけで。
ただ、5回以降、ヨシノリはなぜか立ち直った(^^;)。このあとは1安打1四球で、通しで見たら好投の部類かもしれない。今のうちの投手陣を考えたらねえ。
そうなれば、あとは点を取るだけだったが、畠山が5回にバックスクリーンにぶち当てる豪快な一発を放った以外は(畠山のああいうのを目の前で見たのは久しぶり。ファームでがんがんホームラン打ってた頃以来じゃないかな)、さっぱり駄目。ランナーが出ても、盗塁死に牽制死(8回の野口のあれは最悪)。駄目だなこりゃ、と思ったけど、ヨシノリは立ち直ったし、守備でも汚名挽回のガイエルや、青木のファインプレーがあったから、負けるにしても、まあそんなに悪くない試合かなとは思っていた。
9回表に五十嵐が登板し、500試合出場だったらしいが、無死1塁でバント処理の時、どこかを痛めたらしい。運がないやつ。しかし、ここは緊急リリーフの押本が踏ん張って0で抑える。
  20090829ryota
9回裏、岩瀬から福地がいきなりライトフェンス直撃のスリーベース。にわかに逆転サヨナラの期待が…。しかし、青木のセンターへの大飛球は犠牲フライで同点にはなったがランナーが居なくなり、後続凡退で延長突入。
  20090829kyukai
10回表は先週日曜に試合をぶち壊した林昌勇。中日の打順はクリーンアップで、誰かに一発いかれそうな気がもの凄くしてた。森野は打ち取ったが、ブランコにレフトへ打ち込まれてやっぱり。さらに和田がツーベースで続き、最終的に暴投でもう1点。
10回裏は、1死からヒロヤスが山井からヒットを打って食い下がろうとしたけど、後続なく終了。
  20090829endmae
観戦試合は2試合続けて林昌勇が負け投手。今は全然頼りにならない感じなんで、少し休ませた方がいいんじゃないのか? もっとも今日は五十嵐のアクシデントがあったから、使わざるを得なかったかも知れないが。あと、林以外の誰でも、今日の10回表はヤバかった気はしたけどね。
それにしても泥沼。誰も当てにならないってのは…。デントナと慎也が、ケガから戻ってきたのはいいことだけど、これもとりあえず即効性はなかったようだ。

6回表に、隣の国立(嵐のライヴだった?)の花火でタイムが掛かって、試合が中断したのは面白かった。少なくとも、1塁側のスタンドは、試合どころじゃなくなってたもんな。打席に居た井端も、いかにも気勢を削がれた感じで、直後に一邪飛だった(^^;。

|

« 感想「冷戦交換ゲーム」 | トップページ | J1リーグ第24節大宮対鹿島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/46070529

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(8/29):

« 感想「冷戦交換ゲーム」 | トップページ | J1リーグ第24節大宮対鹿島 »