« イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/22) | トップページ | J1リーグ第27節鹿島対名古屋 »

ACL 準々決勝第1戦 川崎対名古屋

2009.9.23(水祝) 15時 国立

久々に国立で見るトップチームのグランパス。(そういやあ、ここんとこ、U18は見ていたんだった)

立上がりから名古屋が割といい感じでボールを回して攻められていて、優勢に運んでいた感じ。前半半ばに右サイドを攻め上がったハユマから、直志が貰ってクロスを入れて、ジョシュアが押し込んで先制。
こちらが先行したことで川崎が前掛かりになり、中にはバックラインをスコンと抜け出される絶対絶命のピンチもあったが、広野が落ち着いて止め続け、その他のピンチも粘り強く凌いた。一方でカウンターからの追加点機も何度かあったが、これは決め切れず。前半1対0で折返し。
後半頭は、川崎がロングボール攻勢を掛けてきた印象。55分過ぎ、バックスから放り込まれたボールをレナチーニョが受けて、右サイドから切れ込んで来ようとするのを倒してファウル。それを中村憲に直接FKで決められて同点。(後で映像を見ると、小川が壁を割って飛んでしまい、その間を通されていた…)
3分後、今度は左サイドを崩され、入ったクロスを谷口が合わせ、バーで跳ね返った所にジュニーニョが飛び込んできて逆転。
すっかりペースが川崎に行ってしまい、同点になるまでは時折生まれていた名古屋の得点機も、ほとんどなくなってしまった。しかも、形勢を変えるために投入されたのがブルゾじゃねえ。
それでも終了間際にはゴール寸前のような場面もあったし、ずっと川崎に負けまくってるチームにしては、かなりきわどい試合がやれてはいたのかもしれない。結局負けたけど。

印象としては、先制した後、2点目を取れそうで取れなかったのが響いたな、という感じ。取れていれば勝てていた気がする。
広野は頑張っていたんだが。あと、ハユマが攻撃的に随分機能していた気がする。かなり裏を取られてもいたけどね。

これで、来週水曜は1対0か、2点差以上で勝たないといかんわけだが、ここまでの対戦成績を考えると、どっちもキツいねえ。2対1勝利で、延長戦、もしくはPK戦勝負ってのが、一番現実味のある勝ちの可能性のような気がする…。まあ、何が起こるか分かんないけど。
  20090923board
  20090923bow
  20090923goal
    20090923fukei

|

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/22) | トップページ | J1リーグ第27節鹿島対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/46380438

この記事へのトラックバック一覧です: ACL 準々決勝第1戦 川崎対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/22) | トップページ | J1リーグ第27節鹿島対名古屋 »