« J1リーグ第29節横浜対名古屋 | トップページ | トップリーグ第6節リコー対ヤマハ »

J1リーグ第29節大宮対川崎

2009.10.17(土) 15時 埼玉スタジアム2002

テレビ埼玉の録画中継を録画したのを、浦和戦前に見た。

大宮はラファエル、市川、石原を先発させてたから、性懲りもなくまた石原をサイドで使うのか、アホだな、と思ったけど、この試合は3トップで、川崎も4-3-3だからちょうど噛み合った感じになってたみたい。
双方が攻撃的な布陣で攻め合ったので、動きの多い試合になった。いきなりテセが江角と絡んでPK(微妙な感じだったが)。でも、この辺までは中継をリアルタイムでも見ていたが、ゴール前の江角の存在感は大したもんで、全然入りそうな気がしなかった。実際、ジュニーニョが蹴るが、ポスト直撃で決まらない。しかし、29分にケンゴのパスで右サイドを抜け出し、角度のない所から、飛出してきた江角の頭上を越える技有りループを決めて汚名挽回。
38分には混戦の中でテセがこけて、これもPK。正直、これも取らなくていいPKだったと思うが、テセが蹴って江角が止めたので、問題ないか(^_^;)。
大宮は攻めてはいるものの、ラファエル以外のFWのレベルが、川崎のジュニーニョ以外のFWと違い過ぎる感有り。あと得点感覚という点ではMFも見劣りするわけで。
それでも前半ロスタイムに石原がゴール前に走り込んで潰されPK。しかし、これもほんとはポイントはペナルティの外だった(^_^;)。経験の浅い主審だから、しょうがない面もあっただろうがPK出し過ぎ。とはいえ、マトが決めて同点。でも、すぐに逆襲を食らい、テセに汚名挽回のゴールを決められ1対2で折返し。

後半は大宮がいい形をいくつか作ったが決められないまま、18分にカウンターからテセが、マトに競り勝ってミドルを叩き込んで1対3。大宮はロスタイムにまた石原がPKを貰い(これはこの日のPKの中で一番まともだったと思う)1点差にしたが、そこまで。

川崎と正面から撃ち合って、露骨に力の差が出た試合だったと思う。実態としては、点差以上の差があったと思うよ。
(2009.10.25)

|

« J1リーグ第29節横浜対名古屋 | トップページ | トップリーグ第6節リコー対ヤマハ »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/46660951

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第29節大宮対川崎:

« J1リーグ第29節横浜対名古屋 | トップページ | トップリーグ第6節リコー対ヤマハ »