« 感想「戦争と平和の谷間で」 | トップページ | JFL後期第11節刈谷対MIOびわこ草津 »

感想「泥棒が1ダース」

「泥棒が1ダース」 ドナルド・E・ウェストレイク ハヤカワミステリ文庫
ドートマンダーもの短篇集。案外、読んだことのあるやつが少なくて良かった。
突出して凄いと感じるものはないが、安定した面白さがあるから、それはそれでいいんだと思う。収録作の中ではMWA賞を取った「悪党どもが多すぎる」のまとまりの良さと、「今度は何だ?」のドタバタの連発ぶりがいいかな。番外篇の「悪党どものフーガ」もいい出来だと思う。
「泥棒はカモである」は楽屋オチネタが楽しい。日本のミステリファンにも通じるこういうのを書ける、貴重な作家だったなと思う。

|

« 感想「戦争と平和の谷間で」 | トップページ | JFL後期第11節刈谷対MIOびわこ草津 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/46450379

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「泥棒が1ダース」:

« 感想「戦争と平和の谷間で」 | トップページ | JFL後期第11節刈谷対MIOびわこ草津 »