« J1リーグ第31節名古屋対神戸 | トップページ | 感想「新宿警察」 »

J1リーグ第31節大宮対広島

2009.11.8(日) 18時半 NACK5スタジアム大宮

攻勢に出て来ると思っていた広島が、なぜか引き気味に構えてきて、当然のように大宮は攻めあぐむ。もしかすると、広島はそれが狙いだったのかも知れないが、布陣を組み替えて攻勢に出ようとするところで、パスミス、連携ミスを多発させて大宮の逆襲を許し、またひきこもる繰返しを見ていると、広島はやれもしない難しいことをやろうとして、墓穴を掘ってるようにしか見えなかった。しかも双方ミスは多いし、それをきっかけにしたみっともないファールも多発。不毛な前半45分だった。
後半も大して雰囲気は変わらなかったが、半ばに金澤が2回目の警告で退場して、優勢だった大宮が引きこもり、広島がそれを崩せない展開に一変した。一変したけど、不毛な状態は変わらないまま。そのまま85分が過ぎて、スコアレスドローをほぼ確信した矢先、広島は、森脇のオーバーラップが初めて効果を上げて、右から入ったクロスに寿人が合わせる(もしかして、この日初めての広島のきわどいシュートじゃなかった?)。でも、ポストに跳ね返り、やっぱりか、と思ったが、広島の攻勢は続き、一旦クリアされた所からゴール前に入れ直されたボールを服部が落として槙野が蹴り込み広島が先制。大宮はマトを前線に上げて、ゴール前放り込み大会で同点を狙ったものの実らず、そのまま終了。

少なくとも85分までは、今年観戦した中で最悪のクソ試合だったと思う。双方のチームがここまでヒドイ試合は、そうそうない。大宮はともかく、こんな試合内容の広島がリーグで上位に居るのは信じ難い。ストヤノフは居なかったけど、それ以外は一通りメンバーも揃っていたようなのに。成績を見る限り、このチームの出来不出来の波が大きいのは確かなようだけど。
大宮も、あまりにも無策だったけれども、別に今日に始まったことじゃないしな。
  20091108board2nd
  20091108stand2nd
  20091108maku

|

« J1リーグ第31節名古屋対神戸 | トップページ | 感想「新宿警察」 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/46762770

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第31節大宮対広島:

« J1リーグ第31節名古屋対神戸 | トップページ | 感想「新宿警察」 »