« 感想「日本ラグビー 世界への始動」 | トップページ | J1リーグ第33節名古屋対山形 »

J1リーグ第33節大宮対柏

2009.11.28(土) 17時 NACK5スタジアム大宮

 大宮アルディージャ 1−1 柏レイソル

テレビ埼玉の中継の録画。やっと見た。アルディージャのことは、もうどうでもよくなってきていたので、2ヶ月以上、ほったらかしにしてしまった。やっと見た。

立上がりは一瞬大宮が押し込んだけど、柏が次第にペースを掴んで、優勢になった。柏の方が選手の連携やボールの動かし方のアイディアで上回っていたし、フランサを軸に、決定的な形に持ち込む場面も多かったが、大宮のバックラインは手堅かったし、シュートのコースをうまく限定することも出来ていた感じで、シュートの大半は江角の正面。際どいシュートも、江角がいい反応で処理していた。
大宮の攻撃はラファエルが目立っていたが、それ以外の選手がうまく彼をサポート出来なくて、いい形をあんまり作れていなかった。まあ、大宮は引分けでも残留が決まるから、0-0でも充分という腹があったと思うし、そういう意味で、無理をしなかったのかも知れない。
後半も時間が進むにつれて、柏の優勢がどんどん強まっていったが、その逆手を取るように29分にカウンターから、大宮の橋本の先制ゴールが決まる。青木→石原→橋本とつないでのゴールで、ある意味、張外龍体制を象徴するような形だったから、これが張外龍の今季の続投を後押しした可能性はあるかも知れないな。
31分にフランサの技有りの同点ゴールが決まって、また振り出しに戻ったものの、時間的に引分け決着は見え始めていたし、大宮はそれほど特別なことをしなくても、逃げ切れる目処は立っていたと思う。柏もよく攻めたけれども、結局決定打が出ないままだった。引分け終了で大宮がJ1残留を確定させ、柏はJ2降格が決定。

奮闘した大宮のバックラインは波戸、片岡、マト、冨田で、今季も居るのはマトだけだ。今季加入した選手個々のレベルは、このメンツよりは上がってるんだろうけど、まあ、全然別のチームと考えるべきだろうな。それにしても、トミダイはあんな状況だったのに、この試合でも見事な働きぶりだったのは立派。神戸でも頑張って、大宮を見返してやった欲しい。
柏は、これだけの試合が出来たのになんで?、という感じだが、年間通しては出来なかったということなんだろうな。あとはやっぱり、攻撃面のフランサへの依存度が高過ぎるんだろうな。それは大宮の主税への依存度が高いのとよく似ていると思う。
(2010.2.11)

|

« 感想「日本ラグビー 世界への始動」 | トップページ | J1リーグ第33節名古屋対山形 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47562754

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第33節大宮対柏:

« 感想「日本ラグビー 世界への始動」 | トップページ | J1リーグ第33節名古屋対山形 »