« JFL後期第16節ジェフR対SAGAWA SHIGA | トップページ | J1リーグ第33節大宮対柏 »

感想「日本ラグビー 世界への始動」

「日本ラグビー 世界への始動」 日本ラグビー狂会(編) 双葉社
久しぶりのラグビー狂会本。
2019年のワールドカップ日本開催決定を受けた内容で、方向性が割と揃った文章が並んでいる印象。日本開催が決まったことは良いけれど、それを生かすも殺すもこの10年に何をするかで決まってくるし、殺しちゃうことだって、充分あり得るんだ、という認識が基本線という感じ。決まったら決まったで、心配事は尽きないんだなと、部外者は呑気に思うわけだ(^^;。
ただ、本当にそうだと思うけれど。本大会でベスト8を狙わなければならないんだとしたら、ワールドカップ過去1勝のチームにとっては、相当キツいハードルだ。しかも、追い風が吹いているとはいえ、国内リーグは今度はヤマハがプロ選手廃止の方針を打ち出したり、いい状況ばかりではなかったりもするし。
そう考えると、2019年まで10年て長い、と思っていたけど、むしろこれくらいは必要で、ちょうどいいくらいなのかも知れない。それくらい、腹を据えた準備が必要な気がする(さすがに、これより長いと見失ってしまいそうだ。そういう意味でもちょうどいい、か)。まあ、俺も出来ることがあるなら、なるべく協力したいとは思ってるんだが、結局、出来ることって、試合を見に行くくらいかなあ。

|

« JFL後期第16節ジェフR対SAGAWA SHIGA | トップページ | J1リーグ第33節大宮対柏 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47743072

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「日本ラグビー 世界への始動」:

« JFL後期第16節ジェフR対SAGAWA SHIGA | トップページ | J1リーグ第33節大宮対柏 »