« 感想「1998 ホームランの夏」 | トップページ | 2009年に読んだ本 »

感想「板尾日記」

「板尾日記」 板尾創路 リトルモア
板尾創路の2005年の日記。もちろん公開前提で書いた日記だろうけど。どこかに連載でもしてたのかな。
板尾創路って、「タモリ倶楽部」とかで見ていて、何が面白いのかよく分からないタレントだったが、映画「空気人形」で演ってたオッサンが凄く印象的で、板尾自身にもちょっと興味が出てきてる所で、この本が目に止まったので読んでみた。
物の考え方で割と共感出来る所があると思った。同世代でないと居ないタイプの人間かも、という気もした。本職の漫才とかコントを全く見たことがないが、一度くらい、見てみたらいいのかもしれないという気にはなった。
作品や人物に対して、ネガティブな評価がほとんど書かれていないが、彼がそういう人物だというより、やっぱり公開前提で書かれたからだろう。その辺はちょっとつまらないが、そういうものだろうから、しょうがないな。

|

« 感想「1998 ホームランの夏」 | トップページ | 2009年に読んだ本 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47247756

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「板尾日記」:

« 感想「1998 ホームランの夏」 | トップページ | 2009年に読んだ本 »