« 感想「囚われの世界」 | トップページ | トップリーグワイルドカードトーナメント 神戸製鋼対コカコーラW »

トップリーグワイルドカードトーナメント クボタ対NEC

2010.1.23 12時 秩父宮 晴

 クボタスピアーズ 21-22 NECグリーンロケッツ

勝った方が日本選手権に出場出来る一戦。

気合で勝るNECの先制トライで始まったが、NECはいつものように先制後に次第に失速。クボタもまったりしたチームだから、そんなNECに付込めそうで付込めない。ドゥラームのキックがいまいち調子が出なくて、DGもさっぱり決まらない。それでも前半ロスタイムにDG崩れの(^_^;)ラッキーな逆転トライが決まって、 8対5の折返し。
後半は五分ぽかったが、クボタが着々と加点して、20分過ぎに21対12にした所で決まったかなという感じになった。しかし、29分に相手ミスを突いてNECがトライで2点差。PG1本で逆転出来る状態になって、DG、PGと続けて失敗したものの、試合終了数秒前にクボタボールのスクラムでクボタがコラプシング。松尾がとうとうPGを決めて、土壇場でNECが逆転勝ち。

リーグ戦終盤以降のNECの上り調子は大したもんだけど、試合運びそのものはとても盤石には見えない所が不思議。何かチーム力以上の運がついてきている感じがする。
クボタは、もったいな過ぎる負け試合だったが、あれだけNECにチャンスを与え続けたら、やっぱり最後はやられちゃうよなあ。
  20100123board1

|

« 感想「囚われの世界」 | トップページ | トップリーグワイルドカードトーナメント 神戸製鋼対コカコーラW »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47375827

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグワイルドカードトーナメント クボタ対NEC:

« 感想「囚われの世界」 | トップページ | トップリーグワイルドカードトーナメント 神戸製鋼対コカコーラW »